ありがとうございます

昨日の新着にはとってもたくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございます。

同梱ご希望やお取り置きご希望が意外と多かったので、
もたつきがちではありますが、
間違えないように、慎重に進めさせていただきますね。
次のワッフルの入荷時期は
ちょうど古巣のハンガーの出荷の日に被ってしまいそうなのですが
そちらもなんとか同時進行して行けたらいいなあと思っていますよ。

同梱処理をしていて思うのは、
やっぱり送料って結構大きいよなあ。ということです。

Wildberryでは5000円以上のご注文は送料無料にさせていただいているので、
一回決済して、再度決済して、
「同梱お願いします。」となった時に
5000円以上のお買い上げだった場合は送料無料の手配をします。
するとね、
最低でも1100円
遠い場所だと1980円の送料が浮くんですよね。

いやこの金額って、大きいよね?

1980円あったら、他のお気に入りの生地がもう一点かえちゃうもん。

運送会社さまが頑張ってくれているおかげでWildberryは何とかやりくりできている状況ですが。

昔々、
宇宙に行った民間人の人が運営していたファッションサイトで
「セールになった商品を買ったけど、運賃かかったから結局損した。」
的なことをSNSで発言したとても若い女の子がいました。

高校生ぐらいだったかな?

それに対して、そのファッションサイトの最高責任者の宇宙に行った民間人の人が
「運送会社さまあっての通販だろうが。運んでくれたという事実に対しての感謝の気持ちはないのか?損したとは何事か?」
ときつめのコメントをして、
SNS界がざわついたということがありました。

そして確か炎上したんじゃなかったっけな。

その後でそのファッションサイトは注文金額に関わらず全ての注文に対して送料が無料になったように記憶しています。

お客さんの立場から見たら、
送料ってネックですよね。

せっかく安くなっているものを購入したのに、
送料が加算されて結局定価で買うよりも高くなってしまった。

と思ってしまうのもわからんでもない。

でも。

送料をかけずにお得にお買い物がしたいのだったら、
歩いて行ける場所で販売しているものだけを買って生活すればいい。

という極論ができてしまいますよね。

私は今東京に住んでいて、商店街がたくさんある地域に住んでいるので、
大概のものを徒歩でゲットできる環境にいます。

でも、東京で暮らし始める前は奈良県香芝市っていうとても静かな街に住んでいたので
徒歩で行ける場所にあるのは
ドラッグストアとスーパーだけでした。

他に何か欲しいと思った時には
車に乗るか、電車に乗るか通販を利用するかしかありませんでした。

車はガソリン代や保険代や重量税や修理代や駐車場代などがかかっていたので、
15000円/月〜20000円/月ぐらいの維持費がかかっていました。田舎でも。
東京23区内だと駐車場がとても高いので、駐車場代だけで30000円ぐらいかかっちゃうのかな・・・。(汗)
大阪の船場に事務所を構えていましたので、同じように26000円/月弱の定期代がかかっていました。

自分が移動するのも、
ものを移動させるのも、お金がかかってしまうんですね。

なので、件のファッションサイトの、宇宙に行った民間人の社長が
「運送会社さんに感謝しろ!」的な発言をしたに至った考え方も分からんでもないのですが、
でも消費者的な立場で物事を考えたら、
やっぱり送料って少ないもしくはない方が有難いものですよね・・・。

実際には原油価格の高騰などの影響によって、
実はWildberryがご負担する送料って、表示している金額よりも結構高かったりしています。

なので運賃の負担が結構重くのしかかってきていたりするのですが、
その分、自宅から歩いて通える場所に事務所を移転したので定期代がかからないし、
その分の時間的なロスも少ないのでクイックに動けるし、
ということで今はなんとかやれている状況です。

なので、この先も当面は送料の値上げや送料無料のラインの引き上げをすることは予定していません。

いやこの先原油価格が爆上がりして、それに付随してガソリン価格が爆上がりして、
そんでその影響で運送賃が爆上がりして
「どんなに頑張っても運賃のせいで赤字になっちゃうよ・・・。」となってしまった場合は
すみません、ご相談させてくださいね。

そんなにひどい扱いをした覚えはないのですが、
よく考えたらもう18年ぐらい使っているんですよね・・・。
ルーペです。

気がついたら傷だらけになってしまっていました。
そんなに長く生地屋をやっている感覚もないのですが、
気がついたら私自身もこんなに歳をとってしまっていました。(笑)。
ルーペから生地を覗いたところを撮ってみましたよ。
これは今回ご紹介したWインディゴです。
縦糸がネイビーのインディゴで
横糸がパープルです。
インディゴは後染も結構多いのですが、
これは先染、糸の段階で染めて、それを織り上げているんですね。

「普通のインディゴよりもなんだかパープルっぽいな?」と思っていましたが、
なるほど、こういう組織になっているんですね。

Wildberryでは中国製の生地はできるだけご紹介しないように心がけてきていました。
でも今回は中国製の生地を中国製としてご紹介しました。

この先、色んな意味で物資の不足が深刻化してしまうのではないかな?と
私は思っています。

まだまだ先が見えなくて、
どんなふうに時代が変わってしまうか分からない昨今で
不安がたくさん募ったりしてしまいますよね。

もう、前の状況に戻ることはひょっとしたらないのかもしれません。
新しい状況に、臨機応変に対応しながら、
雑草根性で生き抜くしかないのかもしれないなあ・・・。
なんて思い始めていますよ。

世の中が荒廃し始めているのを感じます。

それはまた別の機会に書きますね。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。