ラヂオ

ラヂオを買いました。
ずいぶん前から古いラヂオが欲しいなあと思っていて、探していました。

散歩がてら買い出しに出かけた高円寺の古道具屋さんで見かけて、
めちゃくちゃテンションが上がってしまい、
高かったのですが、連れて帰ってきてしまいました。

お店はネット上には情報も上がっていないほどの小さなお店でした。
「このお店がここにありますよ」というアピールさえしていないようなお店でしたが
商品のラインナップはすごくすごくよかったです。

同じ道を何度も通ったことがあったはずなのに、
気づきませんでした。
オープンして9年目ぐらいになるのだそうです。
いやあ、もっと早くに気づいてればよかったなあ。

これはソニー製で、実はナショナル製のものもすごく素敵で、
ふたつ、聴き比べをさせてもらいました。

私はナショナル製のものの方が音は好みでしたが、
電源がACアダプターがなくて電池式一択で
こちらのソニー製はACアダプターと電池の二択だったのでこちらにしました。
ソニーの方が高かったけど。

音の好みってすごく分かれますよね。
一般的にはソニーの方が評価が高いですが、私はナショナルもしくはパナソニックの音の方が昔から好きです。

昔の家電製品って、すっごく長持ちする上に、
こんなに小さいのすごく音が良くて、
その上短波ラジオも聞けちゃうので、
夫婦でめちゃくちゃテンションが上がっていますよ。

聞き流しながらも必要な情報だけが頭に残るラヂオは若い頃から好きだったので
とても嬉しいです。

パースデザインの会社に勤めていた頃、
あまりにも貧乏すぎてテレビを持っていなくて、
朝起きた瞬間から寝るまで、家にいる間はずっとラヂオを聞いていました。

そのせいで音楽が好きになったのかもしれません(笑)。

当時は札幌で一人暮らしをしていたので、
聞いていたのはAIR-G、FM北海道でした。
当時のFM北海道はとてもセンスの良い人がいて、
その人が良いと言った曲やアーティストは必ずヒットするという伝説がありました。
編成制作部部長 中田美智子さんという人でした。

KANさんとか
スガシカオさんとか
山崎まさよしさんとか、
及川光彦さんとか、
林田健二さん(SMAPの青いイナズマが有名)とか、
マッキーとか、
平井堅さんとか、
そして私の大好きなせっちゃん、斉藤和義もFM北海道からジワジワと有名になったアーティストです。

あとは劇団オーパーツの主宰、鈴井さんもFM北海道で番組を持っていて、
大泉洋とか安田顕も所属していました。

今はチームナックスとして「日本で一番チケットが取れない劇団」と言われていますね。

今は東京に住んでいるのでFM北海道は聴けませんが、
とりあえずT FMを聴こうかな。
AMチャンネルも面白いみたいなので、
気分で色々聴いてみようかな?なんて思っていますよ。

ありがとうございます

昨日の新着にはとってもたくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございます。

同梱ご希望やお取り置きご希望が意外と多かったので、
もたつきがちではありますが、
間違えないように、慎重に進めさせていただきますね。
次のワッフルの入荷時期は
ちょうど古巣のハンガーの出荷の日に被ってしまいそうなのですが
そちらもなんとか同時進行して行けたらいいなあと思っていますよ。

同梱処理をしていて思うのは、
やっぱり送料って結構大きいよなあ。ということです。

Wildberryでは5000円以上のご注文は送料無料にさせていただいているので、
一回決済して、再度決済して、
「同梱お願いします。」となった時に
5000円以上のお買い上げだった場合は送料無料の手配をします。
するとね、
最低でも1100円
遠い場所だと1980円の送料が浮くんですよね。

いやこの金額って、大きいよね?

1980円あったら、他のお気に入りの生地がもう一点かえちゃうもん。

運送会社さまが頑張ってくれているおかげでWildberryは何とかやりくりできている状況ですが。

昔々、
宇宙に行った民間人の人が運営していたファッションサイトで
「セールになった商品を買ったけど、運賃かかったから結局損した。」
的なことをSNSで発言したとても若い女の子がいました。

高校生ぐらいだったかな?

それに対して、そのファッションサイトの最高責任者の宇宙に行った民間人の人が
「運送会社さまあっての通販だろうが。運んでくれたという事実に対しての感謝の気持ちはないのか?損したとは何事か?」
ときつめのコメントをして、
SNS界がざわついたということがありました。

そして確か炎上したんじゃなかったっけな。

その後でそのファッションサイトは注文金額に関わらず全ての注文に対して送料が無料になったように記憶しています。

お客さんの立場から見たら、
送料ってネックですよね。

せっかく安くなっているものを購入したのに、
送料が加算されて結局定価で買うよりも高くなってしまった。

と思ってしまうのもわからんでもない。

でも。

送料をかけずにお得にお買い物がしたいのだったら、
歩いて行ける場所で販売しているものだけを買って生活すればいい。

という極論ができてしまいますよね。

私は今東京に住んでいて、商店街がたくさんある地域に住んでいるので、
大概のものを徒歩でゲットできる環境にいます。

でも、東京で暮らし始める前は奈良県香芝市っていうとても静かな街に住んでいたので
徒歩で行ける場所にあるのは
ドラッグストアとスーパーだけでした。

他に何か欲しいと思った時には
車に乗るか、電車に乗るか通販を利用するかしかありませんでした。

車はガソリン代や保険代や重量税や修理代や駐車場代などがかかっていたので、
15000円/月〜20000円/月ぐらいの維持費がかかっていました。田舎でも。
東京23区内だと駐車場がとても高いので、駐車場代だけで30000円ぐらいかかっちゃうのかな・・・。(汗)
大阪の船場に事務所を構えていましたので、同じように26000円/月弱の定期代がかかっていました。

自分が移動するのも、
ものを移動させるのも、お金がかかってしまうんですね。

なので、件のファッションサイトの、宇宙に行った民間人の社長が
「運送会社さんに感謝しろ!」的な発言をしたに至った考え方も分からんでもないのですが、
でも消費者的な立場で物事を考えたら、
やっぱり送料って少ないもしくはない方が有難いものですよね・・・。

実際には原油価格の高騰などの影響によって、
実はWildberryがご負担する送料って、表示している金額よりも結構高かったりしています。

なので運賃の負担が結構重くのしかかってきていたりするのですが、
その分、自宅から歩いて通える場所に事務所を移転したので定期代がかからないし、
その分の時間的なロスも少ないのでクイックに動けるし、
ということで今はなんとかやれている状況です。

なので、この先も当面は送料の値上げや送料無料のラインの引き上げをすることは予定していません。

いやこの先原油価格が爆上がりして、それに付随してガソリン価格が爆上がりして、
そんでその影響で運送賃が爆上がりして
「どんなに頑張っても運賃のせいで赤字になっちゃうよ・・・。」となってしまった場合は
すみません、ご相談させてくださいね。

そんなにひどい扱いをした覚えはないのですが、
よく考えたらもう18年ぐらい使っているんですよね・・・。
ルーペです。

気がついたら傷だらけになってしまっていました。
そんなに長く生地屋をやっている感覚もないのですが、
気がついたら私自身もこんなに歳をとってしまっていました。(笑)。
ルーペから生地を覗いたところを撮ってみましたよ。
これは今回ご紹介したWインディゴです。
縦糸がネイビーのインディゴで
横糸がパープルです。
インディゴは後染も結構多いのですが、
これは先染、糸の段階で染めて、それを織り上げているんですね。

「普通のインディゴよりもなんだかパープルっぽいな?」と思っていましたが、
なるほど、こういう組織になっているんですね。

Wildberryでは中国製の生地はできるだけご紹介しないように心がけてきていました。
でも今回は中国製の生地を中国製としてご紹介しました。

この先、色んな意味で物資の不足が深刻化してしまうのではないかな?と
私は思っています。

まだまだ先が見えなくて、
どんなふうに時代が変わってしまうか分からない昨今で
不安がたくさん募ったりしてしまいますよね。

もう、前の状況に戻ることはひょっとしたらないのかもしれません。
新しい状況に、臨機応変に対応しながら、
雑草根性で生き抜くしかないのかもしれないなあ・・・。
なんて思い始めていますよ。

世の中が荒廃し始めているのを感じます。

それはまた別の機会に書きますね。

1日飛んだ

真面目に仕事に打ち込みすぎて、ブログのネタが全然浮かばなくて
一日ブログの更新を怠ってしまったWildberry店主オガワです。
どうもこんにちは。

おかげさまでハンガーご希望の全てのお客様のご入金を確認させていただき、
全てのお客様の送り状の作成も済みました。

ヲレたち、仕事早い。

たくさんの送り状を手書きしたやっさんと私の出した結論。
「BICのボールペンは書きやすい。」
安いのにね。

100円ライターでお馴染みのBICです。
ハンガーの出荷作業は再来週、6/22〜6/23で行おうと思っていますよ。
第一弾の募集分の全てのご入金確認と送り状作成が完了しましたので
第二弾の募集を開始したいと思います。

迷っていたけどやっぱり欲しいかも・・・。
とお思いのお客様がいらっしゃったら、
ぜひどんどんエントリーしてくださいね。

一箱1800円の送料だけをご負担ください。
全国津々浦々のお客様がいらっしゃるかと思います。
住んでいる場所によって送料の増減が不公平感につながらないように、
一律の送料を設定させていただきます。
もしそれで赤字が出たら私は補填いたします。
もし黒字が出たら社長に渡します。

今週段ボールを手配して、商談の合間に社長が実際に数箱分詰め込んでみたらしいのですが
「3箱詰め込んだだけじゃあ全然減れへん。この量のハンガー減らそう思ったら300箱分以上は必要やわ。」
と言っていました。

そりゃあね、
32年分ですもんね。

作って作って作り散らかしてきた生地屋人生の軌跡ですもんね。

私は、社長がその全てを
どんな糸遣いで、どういう意図があってこのような機械を使ったのか、
どのような意図があってどのような加工を施したのか、
ほぼ全て頭に入っているのにはいつもいつも驚愕します。



さて、出荷の当日には、お手伝いの人が駆けつけてくれることになったみたいですよ。
最初はF先輩と私とやっさんだけの予定だったはずが
「え、こんな人にこんな作業手伝ってもらっちゃっていいの?」と思うような人が
「社長のためなら一肌脱ぎますよ。」と駆けつけてくれることになったみたいです。

ここで公表するとちょっと大人の事情で不都合が起きる可能性があるので、
出荷完了メールの中でどこのブランドのどの立場の人が手伝ってくれたかを
お知らせしようと思いますよ。

どうぞお楽しみに。


「どこそこの〇〇さんとな、どこそこの〇〇さんが手伝ってくれるみたいや。」
と聞きまして、
「知らない人はいない超有名ブランドの偉い人が出荷に携わってくれるって知ったらお客さん喜ぶわ〜!早速ブログでお知らせせねば。」と言いましたら
「お前の店とブログ、お前が思っている以上に有名やからな。
特に業界のプロがジッと見てるねん。せやからあんまり滅多なことは言ったらあかんで。」
と釘を刺されてしまいました。


そんなわけでどこの誰が出荷を手伝ってくれたかは出荷完了メールでご確認いただくとして、
どうぞお楽しみに!

ちなみにやっさんはホテルマンだったので、
宴席とかで超有名なスポーツ選手や芸能人や文化人や企業のトップや政治家などに
接することが日常的にありましたので、そういう話を聞いても全然動じません。


さてそんなハンガー業務と並行で準備を続けていた新着ですが、
今日か明日にはご紹介できるかな?というところまで漕ぎ着けることができました。

アップしたらお店の公式LINEアカウントと、お店のインスタグラムでお知らせしますね。

東京は今日は午後から雨との予報です。
最近は気圧の変化が激しくて、
それによって体調を崩すいわゆる「気象病」を訴える人がとても増えているみたいですね。

私も最近はあまりにも気圧が乱上下すると頭痛を覚えるようになってきてしまいました。

本来はあんまりお薬は飲まずに済ませたいなあと思っているのですが、
仕事に影響するなら困るので、最近は頭痛薬や胃腸薬をよく飲むようになりましたよ。
そろそろ全国的に梅雨入りが発表されそうな時期みたいだし、
ジメジメしたり鬱々としたり、気分が滅入りがちな季節を迎えつつありますが、
季節や気候は自分の力ではどうにもできなくて受け入れるしかないので、
無理せずストレスを溜めないように受け入れて付き合う方向で
なんとかやり過ごしましょうね。

進捗状況

先日のぶっ込みクイズにはたくさんのエントリーをありがとうございました。

正解はせっちゃんの「うさぎとかめ」でした。

当選者さまは広島県広島市のKさまです。
おめでとうございます。

カットクロス&ミニカットクロス混ぜ混ぜセットお送りしますね。
よかったら使ってやってくださいね。

実はお店のインスタグラムのリールのBGMにせっちゃんの「うさぎとかめ」の
当該の歌詞が含まれている部分を使用していました。

「インスタの方に答え出ていますよね。」と言ってくれた方お一人いらっしゃいましたが、
実際はどれくらいの方が気づいていたかなあ?

「言いたいことも言えないこの世の中
小さな声は今日も届かないまま
息を切らして僕がたどり着く頃
札幌に椰子の木」


その一節の少し前
「絡み合う利権後回しの人権毒で作るエネルギー
今日も編集されたニュース
見えない恐怖の雨」

という一節がすごく心に刺さって、
この曲は本当に好きです。

一時期、Apple Musicでは配信禁止になっていました。

あからさまな政治批判の歌なので、
どっかの偉い人が何かしらの圧力をかけていたのでしょうかね?

最近はちゃんと聞くことができるようになっています。
昨日の朝、古巣の社長から
「事務所の裏手で電柱が倒れてる。クレーン車が倒れたみたいや。800件以上停電しているらしいで。」
と電話が入りました。

朝ごはんと飲み物を調達しに裏手の「まいばすけっと」に行こうとしたら
この光景に出会ったのだそうです。
もうすでに報道関係者の方が規制線の内側にいますね。

え、クレーンが倒れて電柱倒壊で停電?
なんか聞いたことあるような話???

少し前に、
古巣の大阪本社のすぐ近くで
クレーン車が倒れて電柱が倒壊して、停電騒ぎが起きてからそう長い時間は経っていないはずでした。
実際に被害が大きかった、古巣が倉庫を構えているビルは
まだ改修や金銭的な問題が完全に解決していない状況らしいです。

思わず
「クレーン倒壊とそれにによる停電にご縁が強いね!?」と言ってしまいました。
幸い古巣の東京事務所は停電を免れたみたいです。
でも真向かいのビルは停電中、その隣のビルは停電していない、
という感じでかなり微妙な位置関係だったらしく、
「いや、停電しなくてラッキーだったね・・・。」ということしかできませんでした。

まだ、とっても暑い時期じゃなかったから
多少の時間の停電だったら大丈夫かもしれませんが、
これが真夏の一番暑い時期だったら、
あっという間に熱中症なんてことも考えられるよな、と思いましたよ。

我々はとても不安定で危うい状況の中で暮らしているんだなあ。
と
再確認せざるを得ないなあ、と思いましいたよ。

ただ、
東京の経済の中核地点、
超大手企業の本社や超大手製薬会社本社や東京証券取引所を抱える日本橋地区なおかげか、
停電はあっという間に復旧したそうです。

多分そういう地域じゃなかったら、停電の復旧にはもっと時間がかかっていたんじゃないかなあ?
なんて思ってしまいましたよ。

「探偵が早すぎる」じゃなくて「東電が早すぎる」と思ってしまいました。

絡み合う利権後回しの人権 以下略・・・。



昨日はずっと撮影した生地の画像加工をしていました。
一昨日からTwitterで人気のうかうかさんの「犬のよさ展」が高円寺で開催されていましたので
画像加工を終えた夕方から、気晴らしがてら、体ほぐしがてら娘とやっさんと一緒に見に行ってきましたよ。

この展示会、去年のこの時期にも高円寺で開催されていて、
6月が誕生日の娘にやっさんが「誕生日プレゼント」と言ってグッズを買ってあげていました。
今年もやっさんはやる気満々で、
出かける前にお財布の中身を確認してにっこりしていましたよ。

オープン当日には、どうも作者さんが在廊だったみたいで、
オープン前には一目会いたいファンが行列をなしていたみたいです。

昨日も、平日にも関わらず、ひっきりなしにお客さんが出入りしていて、
作者さんと作品の人気ぶりを目の当たりにしました。

作者さん直筆のサイン本がまだ数冊店頭にあったので、
それを購入して娘も嬉しそうだったし、
娘が欲しいものを買ってあげることができたやっさんも嬉しそうでしたよ。

帰りにみんなで食材を買って、我が家で夕飯を食べました。

こういう、ささやかな日を重ねることを幸せだなあと私は思います。
かっこよくなくても、立派じゃなくても、偉くなくてもお金持ちじゃなくても
心削られる思いをすることなく、
お互いがお互いを思いやりあってホッとできるような
そんな穏やかな日々をこれからも積み重ねていきたいなあと思います。

行ってきましたよ

行ってきましたよ。
古巣テキスタイルメーカー。
打ち合わせに。

午前中は事務所に生地の撮影に行って、
昼から人形町へ向かいました。

社長はお宝物入れの段ボールも出しておいてくれました。
これはハンガーとは別で、大きさのランダムな歯切れがぎっしり入った段ボールなのですが、
すごく珍しくて面白い生地ばかりが入っています。
工場さんとかに行った時に「これ面白いな」と思う生地を
少しずつもらってきていたみたいです。

子供の宝箱的な存在でしょうか。
とりあえず先行で手配した40箱も届いていました。
それとは別にガムテープも用意してくれていました。

6月末には事務所を明け渡す、ということを言っていましたが、
まだ退去通告はしていないみたいなので、
時間に猶予がまだありそうな感じがしました。
片付けの進行状況を見ながらいつ頃解約するか、もしくは解約せずにシェアオフィスとして別の若者に定額を出してもらって使ってもらうのか、など、
決めていこうかな、なんて言っていました。

なるほどなるほど。
そういう使い方もいいかもしれませんね。

相変わらずアイデアがどんどん出る社長だなあと思いましたよ。

お送りする段ボール箱の大きさと、ハンガーの量、生地の量を見比べて、
ひょっとしたらもう少し余裕があるかも?という感じになりましたので
とりあえず今回応募分を手配してまだ余裕があったら
2次募集をしてもいいかもしれないね?
という話になりました。
作例を見せてほしいとのご要望が多数あったのですが、
私はちょっと時間が取れそうにない状況なんですよ、と書いたのですが、
古巣の東京事務所にありました。作例。
これは若いクリエイターさんが作ったエコバッグです。
ボーダー生地を縦使いしてたりして、「決まり」にとらわれずに自由な発想で作られています。
持ち手の紐もニット生地です。
これは組織や糸使いの違うオフホワイトの生地ばかりを集めた作品。
これを作った若きクリエイターは、ストライプが好きなんだろうなあ。
なんて思いましたよ。

これは一重で仕立てられていますが、
薄手の布帛生地で裏地を付けたら、もっと強度が出てしっかりとしたバッグになるよね〜と思いました。

内側にポケットをつけたりとかも
裏地をつけることでできるし、使い勝手も上がりますよね。
グレー〜黒バージョンもありました。
毛玉に見えるのはネップです。
他の繊維もいっぱい付いちゃっていますね。
生地屋の事務所なので、どうもすみません。

3枚のバッグの画像の後ろにある黒い生地は
アレクサンダーワンというブランドさんから発注された
鳳凰柄のジャガードの編み下げ(柄確認用生地)で、私も関わった生地です。

パネル状になっていて、インターシャという手法を用いています。


打ち合わせが終わってからは、社長のお友達の不動産会社の社長さんとの会食に
参加させていただいて、
軽く飲んでから帰ってきました。

不動産会社社長は古巣の社長のことが大好きみたいで、
社長と仲良くおしゃべりしていた私の存在を疎ましく思っているみたいだったので
短時間で早々に切り上げて帰ってきました。

飲食のお支払いは不動産社長がしてくれたのですが
支払いはクレジットカードを使用していらっしゃいました。

私は生まれて初めてブラックカードを見ました。

お店の外で待っていた社長に
「ブラックカード、初めて見た!」と言いましたら
社長は
「そうやで、糸へん(繊維業界)と土へん(不動産業界)では稼ぐ金の桁が違うとはよく言われることやで。」
と言っていましたので
「社長はゴールドカード止まりやなあ。」
と言いましたら
「そうやで。残高マイナスのゴールドやで。」と言って笑っていました。

上を見たらキリがなくて、
下を見てもキリがなくて、
のものすごいわかりやすい例を見ました。


女の嫉妬も怖いけど、
男の嫉妬もおっかないなあと思った日でしたよ。

社長には、私よりもずっと仲良しの「チイちゃん」という若くてアクティブで美人な女性がいるのですが、
チイちゃんなんかが同席したら、不動産社長、もっとメラメラするかもしれないぞ?
なんて思いましたよ。

私は一緒に仕事をしていた関係上、仕事の話にはついていけるし、
社長は仕事が好きで「仕事の話ができる相手」にはついつい仕事の話をしてしまいがちなだけなのにね。

まあ、なんにせよ、そういう感情に触れるのは、疲れることですね。

帰り道に社長に
「◯◯さん(不動産社長)社長のことが大好きなんやねえ。私ヤキモチ妬かれてしまっていたみたいやわ。」
と言いましたら
「そうやなあ。なんか拗ねとったな。でも以前別の仲良しの会社会長と3人で飲んだ時もヤキモチ妬いとったで。支払いの時も『僕がする』『私がする』って揉めて、結局会長が支払っとったわ。」
と笑いながら言っていました。

その会長は、浅草花柳界の組合会長でもあり、
ご自身が浅草の芸妓さんの旦那さん(スポンサー)でもある人で
私も何度もご一緒させていただいたことがあるのですが
なんていうか素晴らしい紳士です。

ブラックカードと花柳界が社長を取り合ってせめぎ合うとか
え〜、
登場人物全員男ですが
なんだかすごい異質なドラマが繰り広げられているぞ?
しかもかなりの高収入な人たち同士の間で


と
田舎生まれ庶民育ちの私は思いましたよ。


まあなんにせよ
ブラックカードを持つような
巨万の富を築く男の出す嫉妬は凄いエネルギー値でした。


こういう世界を垣間見させてもらうのはすごく貴重な機会かなと思いますが
私はそっちには行きたくないなあ。と思いました。


求めているものは
地位なのか名誉なのかお金なのか権力なのか。

私は
安寧を求めます。

誰からも褒められなくても良いので、
密やかに安らかにゆるく楽しく生きていきたいです。
切に願います。

準備が大事

ぶっ込みクイズプレゼント、本日いっぱいまで受付しておりますので、
もしよかったらエントリーしてみてくださいね。

また、古巣のハンガーの処分へのエントリーも、とってもたくさんいただき、
誠にありがとうございます。
そろそろ受付を終了させていただこうかな?と思っていますよ。

今日お昼から古巣の東京事務所に打ち合わせに行きます。
一応、今日の午前中に段ボールが40箱東京事務所に届くように手配してあります。
残りはまた後日届くように手配するつもりです。

今日は午前中は雨じゃないみたいなので生地の撮影の続きを午前中のうちに進めることができたらいいなあとも思っていますよ。

事務所でエントリーしてくださった名簿をプリントアウトして
人形町の事務所へ持っていこうと思っていますよ。

ハンガーに関しては87箱分のエントリーをいただいております。
うち78箱分のご入金を確認させていただいております。
とりあえずご入金が確認できている分から出荷準備に取り掛からせていただきますね。

送り状の作成など全て手書きのアナログの作業となるので、
結構時間がかかってしまうかなと思います。

繊維業界って、まだまだなかなかのアナログな業界なんです。
Wildberryのメインの仕入れ先も、社長は私よりも少しだけ年上ですが、
PCは使いません。
発注はファックスだし、納品書も請求書も全て手書きです。

私の古巣のテキスタイルメーカーでは事務方はPCを使いますが、
使うのは業務連絡メールと経理ぐらいなもんです。
社長はPC一切使いません。

なので、日々コツコツと送り状住所の記入をしていかないといけませんね。
再来週にF先輩も東京事務所に数日間出張してきてくれるみたいなので、
その時に一気に作業して出荷できるかな?と思っていますよ。
何事も、準備が大事ですね。

建築パースを描く会社に勤めていた頃は
「準備4割」なんて言われていましたが、
飲食店なんかでは「準備7割」なんて言われる場合もあるみたいですね。
仕込み7時間、開店時間3時間なんていうお店があります。

7時間かけて仕込みをして、お店を開けたら3時間で全てが売り切れてしまうみたいです。
いい仕事をしようと思えば、その分綿密に準備をする必要があるということでしょうね。

日々口にする家で作る料理も、丁寧に下拵えしたら
そんなに豪華な食材を使っていなくてもとっても美味しくなりますもんね。

Wildberryでも新着準備には結構時間がかかりますし、
出荷準備の時も、実際にカットしたり梱包したりっていう作業の前段階の準備も
結構時間がかかったりします。
同梱の把握とか、
お取り置きの把握とか。

間違えちゃいけないのでね。

話は変わって

先日、犬の散歩の時に出会った若者は2人とも「自分が病んでいる」ことをステイタスと感じているように見えました。

両極端な性質の別々の2人だったのですが、
「病んでいる」割にはコミュ力が高くて驚きました。

2人とも、お砂糖をものすごくたくさん摂取する日常を過ごしているみたいでした。

そのうちの1人は「角砂糖を食べたら幻覚を見た」なんて言っていました。

やっさんと私は思いました。
「角砂糖、1個や2個では幻覚を見るようなことにはならないんじゃないかな。」
と。
そして
「ということはいっぺんにどんだけ食べたんだろう?」
とも。

もう1人は、エナジードリンクを飲むのをやめられないようなことを言っていました。
私は知らないのですが、エナジードリンクって糖質とカフェインの量がすごいみたいですね。

2人とも情緒不安定を訴えていて、
そのために抗精神薬を服用した経験が豊富で、
お薬の種類についてはものすごく詳しかったです。


私は急に激しい低血糖症状を呈するようになったので、
「なんかおかしい。これは異常だ。」と気づかざるを得ませんでした。

なので糖質制限食生活を余儀なくされていて、
もうその生活も7年目になったのですっかりと慣れてしまって、
最近はお砂糖の味を不快に感じるようになりました。

なので、
出来合いの食べ物でも「お砂糖」を使っているものに関しては
「あ、これ砂糖使ってる」とすぐにわかるようになりました。

今は体調もいい状態にコントロールできるようになっている上に糖質制限の食生活に対しての違和感もストレスもありません。

でも油断してある一定以上の糖質を摂取するとすぐに体調を悪くして生活や仕事のパフォーマンスが著しく低下してしまいます。

最近ではいつもよりも糖質を摂取しすぎるとお腹を壊したり熱が出たりします。
と言っても、世間一般の人が摂取している糖質量から見たら充分「糖質制限食」の範囲内なのですが。

糖質が高いとして避けたほうがいい食材の中でも、多少食べても支障がないものっていうのがあるということもわかりました。

例えば
にんじんとか玉ねぎとかは糖質が高めだから避けたほうが無難って言われていますが、
多少なら全然影響ありません。
大根も大丈夫。
ごぼうも大丈夫。
長芋も大丈夫。
蓮根も大丈夫。
じゃがいもや里芋、さつまいもは怖くて試していません。

フルーツ系はほとんど全部避けていますが、レモンを少量ぐらいだったら大丈夫です。


お肉お魚卵チーズはほとんど糖質ゼロなのでできるだけ積極的に摂取します。

油も、ほぼ糖質ゼロなので、これも気にせず摂取します。

糖質制限のことを色々積極的に知っていくうちに、
糖質の摂りすぎが人の情緒に大きく影響を及ぼすらしいということがわかりました。
いわゆるうつ病とか、統合失調症と言われる症状のうち、
糖質制限をすることによって劇的な改善を見せた症例がたくさんあるという話で
専門家の中には日本の精神疾患のうち8割ぐらいが、糖質制限をすることによって改善する、
逆を言えば糖質の摂りすぎによって引き起こされている精神疾患が全体の8割ぐらいある、なんていうことを発言している人もいるみたいです。

信じるかどうかは、あなた次第です。(笑)

ただ、先日会った自称精神疾患な2人は、私の目から見て明らかに糖質を摂取しすぎているように見えました。

内心「糖質制限したら改善しそう・・・。」と思いましたが特にそれは言わなかったのですが
本人たちが
「砂糖って、ヘロインよりも依存性、中毒性が強くて脳に対してダイレクトに快楽を与えるやばい物質らしいな」なんて言っていました。

なんだ知っているのか。
と思いました。

そして、
でもやめようとは思わないんだね。
とも思いました。

「病んでる自分かっこいい」って思っているのかな。
本気で良くなりたいとは思っていないように見えるな。

というふうに感じました。


ダイエットの手段としての糖質制限が一時期大流行しました。
ダイエットって、目標体重に達したらまた元の食生活に戻るのが目的みたいなように感じます。

そのため、民間のダイエットメソッドって、一回痩せて効果を発しても
リバウンドして結局元の体重に戻るなんてことがたくさん見られました。

体型及び体及び精神の健康状態を変えたいなら、食生活、要するに「生活習慣」を変えて
それを一生維持する必要があるのではないかなと思います。

でもそれには結構大変な苦労が付随します。
でもその苦労を克服するための努力をするかしないかで、
その後の人生が変わるのか変わらないのかが決まってきてしまうのかもしれないぞ。
と思いました。

食習慣、食生活を変えるって、それぐらい大変で難しいことです。

私は生きるためにそれをやらざるを得ませんでしたが。

あのまま糖質制限に食生活を切り替えることができなかったら
ひょっとしたら私は今、生きていないかもしれないなあとさえ思います。

それぐらい激しい低血糖症状を発症していたので。

頑張れる理由

エントリーメールを送ったのに、何も音沙汰がないよ?
とか、
送金したのに、なんの音沙汰もないよ?

など、
連絡の行き違いって、意外と多いもんだなあと思いましたよ。

最近では、ユーザー登録してくださっている際のお電話番号が携帯番号だったりする場合が多いので、
どうしてもメールが届かない場合はSMSを利用してご連絡差し上げたりもしました。

気持ちがね、テンパっちゃうんですよね。
「え、おかしいなあ。届かない。届けなきゃ。どうしよう。」っていう感じに。
テンパっちゃうとなかなか冷静に考えることができなくなってしまいますので、
我ながら「もっと落ち着きなさいよ。」と思うのですがね。

でもとりあえず、メールじゃない別の伝達手段でご連絡が出来てホッと一安心しましたら、
冷静になって「どうしてメールが届かないのかな?」ということに向き合うことができるし、
それでもどうしても届かない場合は
「このお客さんには別の伝達手段でお知らせするようにしよう。」
というふうに気持ちを切り替えることができるようになります。

もうかれこれ15年以上、ショッピングカートシステムという非常に便利なツールを使い続けて、それにすっかり慣れ切ってしまっていたので、
自分の手で出荷管理や入金管理をするということの大変さを知り、
今当たり前に使っているショッピングカートシステムが、どれほど有難い存在なのかをめちゃくちゃ痛感いたしました。
マッキーの「五つの文字」の歌の中の
「当たり前じゃなくてありがとうと」という言葉が、改めて身に染みましたよ。
昨日は新しい生地の撮影をしてきましたよ。
他の用事もあったので、少しだけしか撮影できませんでしたが。
今回の新着は若干、ボイル系が多めかもしれません。

これはシワ加工の綿ボイルです。
綿のシワ加工はお洗濯するとシワ加工が解けてしまうので、
お洗濯の際は生地を伸ばさないようにクシャッとした状態で干してくださいね。
で、乾いて、着用するときに広げて着用してください。

ワッシャー(洗い)とシワ加工が施されているので、
この生地に関しては水通し不要ですよ。

ボイルとは、フランス語の「ヴェール」を語源としていて、
意味としては「透ける」ということなので、
透け感のある薄手の生地のことを指します。

ドライ感抜群の和紙ボイルもあるよ。
楽しみにしていてくださいね。

年々地球温暖化は行進されていて、
冬は寒めでしたが
なんだかんだ言っても今年もとっても暑い夏になってしまいそうですね。

お客様からは
「オガワさんの予言(?)通り今年はさらに暑い夏になってしまいそうですね」
なんていうメッセージをいただくこともあります。

予言ではないのですが、
きっと来年はまたさらに暑い夏になってしまうんじゃないかなあ?と思ったりもします。

このまま温暖化が亢進してしまったら
海抜ゼロ地域の水没という予測が現実化してしまったり、
「札幌に〜椰子の木♪」なんて歌の歌詞が本当のことになってしまうなんてことも
有り得るかもしれないぞ?と思ってしまいます。

さてここでぶっ込みクイズです。
この歌詞は誰のなんという歌でしょう?

な〜んと2度目の登場の歌ですよ。

いつもはブログのお問い合わせからエントリーしていただいているのですが
今回はショップのお問い合わせからエントリーしてくださいね。
私が古巣のハンガープレゼントにかかりきりなので、
今回はやっさんにお願いしようと思っていますので、
受信するメールアカウントを分けようと思っています。

正解者様の中からお一人に、小さなハギレとカットクロスまぜまぜのセットをお送りします。
火曜日、6/7(火)が終わる時までエントリー受付いたします。
おっ!なんだか見たことがあるような?
パッチワーク柄トランスファーのボーダーバージョンですね。

古巣のハンガーの処分に関しては
「オガワさんがこんな風に使えますよ的にサンプルを作って提案してください。」
的なご要望も結構いただいていますが、
ごめんなさい、その時間は取れそうになさそうな状況です。

今ね、夫婦ともにキャパオーバーで
犬の散歩はかろうじて行っていますが
起きている時間のほとんどを生活を維持するために必要な行動や、
事務作業や、仕事を維持するための作業に費やしていて
やっさんと2人で「大変だけど6月末までは頑張ろうね。」と話し合って
フォーメーション「臨戦態勢」を取っています。

え〜、余裕の無さ具合を表現するなら
ゴミ出しの日を忘れるぐらい。と言ったらわかりやすいかな?(笑)



でもね、
私たちは知っているんです。
社長も私もやっさんも。

すっごく忙しくて大変な時期って確かにその最中はすっごく大変で、
心の余裕がなくて色々やらかしてしまいがちだけど、
過ぎ去ってしまったら
「いや〜あの時は大変だったね。」と言って笑い話にできることを。

私が大変だった時に社長が私を助けてくれました。
やっさんが大変だったときに私がやっさんを助けました。
社長が大変な状態になった今、やっさんと私が、社長を助けます。
できる範囲で。
できないことをやろうとするのは、それは違うしね。

生きていくのが大変な今のご時世、
他者から搾取することばかり考えている企業や組織や人々の存在が明るみに出て
心が削られるような気持ちになりがちです。

国税局の職員が詐欺行為に加担したとか

無添加とかクリーンなイメージで売っていたみんなが大好きな回転寿司チェーンでとんでもない(人を自殺に追い込むほどの)パワハラ行為が明るみに出たとか

大事に大事に育てていた、価値のある観葉植物が盗まれたとか

娘(お年頃の未成年)が「私のプライベートを売り物にしないで!」と育児漫画で有名な母親に訴えたら
「じゃあ出ていけ。学費生活費は自分で稼げ。ブス。ビッチ。クソ女。誰のおかげで生きてこれたと思っているんだ。」と言われたとか


なんていうのかなあ、
人の「欲の心」って天井がないのかな。
なんて思います。

「もっと欲しい。」
「まだ欲しい。」
「まだ足りない。」

上を見ればキリがないけど下を見てもキリがない。

「足るを知る」
ってすごくいい言葉だと思います。

暑さと寒さと、雨風が凌げる壁と屋根があって、
死なない程度の食事ができる。

もう十分!サイコー!

って、
今日本で生きているみんなが思うことができたら
今起きている略奪や搾取や犯罪や虐待やDVやモラハラやマウンティングや不幸って
随分と減るんじゃないですかね?
なんて私は思います。

なんだか、私たち現代人は、
ちょっとずれた方向にものすごく一生懸命勇往邁進しているような気がしてなりません。

他人と自分が優っているか劣っているかを自分でジャッジして
それで自分の幸せの度合いを測ろうとすること自体が
「幸せ」の物差しを間違えているように思えて仕方ないと感じてしまいます。

「見栄を貼りたい」
「素敵って思われたい」
「いいねって言われたい」
その本当にくだらない欲を捨てたら
「自分が本当に楽しいと思うこと」が見えてくるんじゃないかなと思います。

世の中には、きっと絶対的な「正解」なんてものはなくて
貧乏でも楽しければ成功者だし
金持ちでも心が貧しければ敗北者なんじゃないかな
なんて最近の私は思います。

時代の価値観はどんどん変わっていますね。
きっとそれでいいんだと思います。

進捗状況3

お知らせです。

古巣ハンガーご希望者さまの中で
昨日6/3(金)までにご入金くださった方へのご入金確認メールを送信させていただきました。

入金もらしの可能性もないとは言えませんので、
もしご入金確認メールを受け取っていない方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
再度確認してお返事させていただきます。

メールの不達と言う現象が意外と頻繁に発生しがちで、
例えばエントリーしてくださったはずなのに、当方にはそのエントリーメールの受信記録が一切残っていないとか
その逆でお返事したのに「送信されませんでしたよ」のお知らせが来たり、
そんなお知らせすら来ないで「メールを受け取っていないのですがどうなっていますか?」
なんていうこともあって、
今、3つのアカウントを使い分けで、どのアカウントが一番届きやすいかな?
なんて思いながら業務を進めています。

どうも感触的にはこちらからお送りするメールはGmailが一番届きやすいのかも・・・。まだわかりませんが。

少し前はGmailはメールの不達が多いナンバーワンみたいな立ち位置だったような気がします。

時代の変化とともにいろんなことが変化しているんですね。
こういうのを企業努力っていうんだろうな。。。
毎朝4時台に老犬ソラに起こされます。
今日は綺麗な朝焼けを見ることができました。

でも昨晩は1時ごろ寝たので眠いです・・・。
最近は起きてから目が覚めるまで1時間以上かかるので、
時間的なロスが大きいな・・・。
なんて思っていますが、
老犬介護はこれからもっともっと厳しくなるみたいで、
昼間熟睡して夜中〜朝方にかけて騒ぐことが多いみたいなので、
今以上に体力が削られてしまうのだろうなあと思います。

我が家はやっさんが勤め人を辞めて全面的に私のサポートをしてくれるようになったので、
多分なんとか乗り越えることができるだろうなあと思いますが、
そうじゃない環境の家庭の場合はかなり精神的にも肉体的にも大変な状況になってしまうんじゃないかなと思います。

今現在も、
私に対する執着が強くて、後追いがすごくて、
トイレに入っていてもその扉の前でわんわん大声で吠えるぐらいなので。

もう16歳になるし、生きれても後ほんの数年だと思うので、
その間はしっかり付き合って
「いい犬生だったなあ・・・。」と思って(日本語で思うかどうかは別として)
旅立てるようにしてあげたいなあと思っていますよ。

進捗状況2

古巣のテキスタイルメーカーのハンガーをたくさんのお客様にご希望いただき、
ありがとうございます。

昨日の朝、ご入金先と金額のご案内のメールを送信いたしましたら、
早速たくさんのご入金を確認させていただきましたよ。

メールが届いていないお客様からのご連絡もあり、個別対応させていただきましたので
概ね行き渡ったかな?と思います。

今朝はご入金確認しましたよメールを送信させていただきました。
ご入金くださったのに確認メールが届いていない方がいらっしゃいましたら
メールの不達なのか、入金確認漏らしなのかを再度確認させていただきますので
どうぞお問い合わせくださいね。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

次に東京事務所で打ち合わせをするときに手書きの送り状をもらって、
そこから仕事の合間を縫って送り状の記入をやっていきますよ。

ご希望者さまはエクセルでお名前、郵便番号、ご住所、遠和番号、メールアドレス(ワンクリックでメールを立ち上げられるようにハイパーリンクを貼りました)
そしてご希望個数、ご請求金額、ご入金されたか否か、確認メールをお送りしたか否か、送り状作成したか否か、そして送り状No.を書き込めるようにエクセルにまとめましたよ。

そのエクセル表で並べ替えをしたら
ご入金者さま、未入金のかた、
入金確認者さま、
入金確認メールを送信した方、まだ送信していない方
ご希望個数順など、
色々と、欲しい情報別にデータを抽出できるので、
後々の作業がしやすいかなと思います。

なんだったらご住所別で並べ替えすることもできるし、
郵便番号順で並べ替えすることもできます。

エクセルってすごくいろんな機能があるので、
経理の管理もできるし、こういうふうに臨時で名簿を作ったりするときも、
本当にありがたい存在です。

紙で管理していたらえらいことだったような気がします。

まだまだ全然使いこなせていませんが。

今はなんでもネット上に情報が上がっているので、
「こうしたい場合はどうしたらいいの?」と質問を投げ掛けたら
「こうすると良いんだよ。」と答えが返って来るので、
本や教室に頼らなくても学ぶことができるようになって、
とても便利な世の中になったなあと思います。
東京に住んでいたけど地元に帰ってしまっていた娘のお友達が、
今東京に遊びに来ていて、娘の家に泊まっていまして、
娘と一緒にご飯を食べに来るということでしたので
若者がもれなく大好きであろうげんこつ唐揚げを作りましたよ。

鳥モモ肉1枚をふたつに切っただけのものを使いました。

よく食べる子だということなので、
どんなに食べても足りなくないように鳥モモ肉4枚を使って前日から漬け込んでいました。
若者が好きであろう少しだけ濃い味にしましたよ。

お肉の表面がボソボソになるぐらいまで片栗粉をまぶすと、
(怖気付くぐらいの結構な量です)
表面がザクザクっと、中はジュワッと揚がりますので、これまた若者が喜ぶ唐揚げになりましたよ。

鳥モモ肉は意外と火が通りにくいので、
表面が良さそうになってからまだしばらく揚げる必要があります。
なので、火加減は少し弱めにするのが肝です。
表面がカリッと良さそうになってからはまめにひっくり返して、
奥まで満遍なく火が通るようにします。
ひっくり返したタイミングで大きめに「カラカラカラ!」と言い出したら概ねOKです。
念のためにお箸を分厚い部分に刺してみて、スッとお箸が入ったらバッチリです。
ちょっと抵抗があるぐらいでも、予熱で仲間で火が入るのを期待して上げちゃう手もありますが、我が家の面々はちょっと神経質で少しでもお肉が赤いと嫌がるので
すっと箸が通るようになるまで揚げます。

鳥モモ肉1枚を二等分するだけじゃ大きすぎるように感じますが、
火が通ったら結構縮むので、
ちょうどげんこつぐらいの大きさに収まります(笑)。
とうもろこしは茹でるよりもレンチンしたほうが圧倒的に美味しくなるという話を聞いたので、
最近はレンチンするようになりました。
全部皮に包まれているものはラップなしでそのままレンチンすれば良いみたいです。
1本につき5〜600ワットで5分が目安みたいです。

これは中途半端に皮がついてて中途半端に剥けていたので
軽ーくラップして5分チンしました。

味も栄養素も一切逃げないので、
すごく風味が豊かで甘味が強くて、
どんなとうもろこしでもかなり美味しくなります。

やっさんと娘とお友達、1人一本と思って用意したら(北海道民あるある)
お友達、
「1本丸ごと食べるなんてトトロみたい!」と言ってすごく喜んでかぶりついていましたよ。

ちなみにとうもろこしは私は歯並びの悪いものを選びがちです。
綺麗に実が並んだものよりも、一つ一つの実が大きく膨らんでいるから歯並びが悪くなるので、甘味が強くて美味しい確率が高いです。
皮が剥かれていないものに関しては
髭がより黒くてパサパサしているものを選びます。
そっちの方が実が成熟しているので、味が濃くてしかも実がしっかりしていて食べやすいです。

娘のお友達はとても美味しそうにパクパクたくさん食べてくれる子なので、
作りがいがありましたよ。



さて、先日再入荷したワッフルですが、
お取り置き分以外は全て出荷致しましたので、
これからぼちぼちと新着準備に取り掛かろうと思っていますよ。

次回新着も種類が多いので、時間がかかってしまいそうです。
気長にお待ちくださいね。

進捗状況1

古巣のテキスタイルメーカーのハンガーをたくさんのお客様にご希望いただき、
ありがとうございます。

今朝、送料と送金先のご案内をBccにて一斉にメールさせていただきました。
え〜と、
Bccは送った先のメールアドレスが受信者には表示されないと認識しているのですが、
ひょっとして表示されちゃったりしていますか?

もしそうだったらごめんなさい。

今度からはちゃんと一件ずつ送信するようにしますね。

本当にごめんなさい。

また、ご希望個数の変更などありましたらお気軽にお申し付けくださいね。
あと、メールが届いていない方は大変お手数ですが再度ご連絡いただけますか?
個別にご対応いたします。



来週7日火曜日に打ち合わせに東京事務所に行き、手書き送り状を受け取ってきますので、
その時まででしたら変更可能となります。
送り状を受け取ったら、そこから送り状の手書き記入の作業に入りますので、
それ以降の変更はひょっとしたら難しいかもしれません。

7日まででしたら「希望したけどやっぱりやめようかな」
もしくは「迷っていたけどやっぱり欲しいかも」などの変更も承りますので、
ご遠慮なくおっしゃってくださいね。

ちょっと大きめのものとか、
めっちゃ小さいものとか、
いろいろ取り混ぜてのお届けとなりますので、
ひょっとしたら当たり外れ感があるかもしれませんが、
作った我々からしたら全てが可愛い我が子たちですので、
「全部絶対に有効活用してくれ」とは申しませんが
「ふーん、こういう生地もあるのね。私には不要だからウエスにでもしようかな?」
でも良いので
「こんなもんいらんわ!損した!」と怒らないでやっていただけましたら幸いです。

どうかどうか、お願いいたします。

古巣と私、私とお客様は
生地に対する愛と、ものづくりに対する愛でつながっていると思っております。

手振れしれるぞおい。(笑)
これは刺繍見本です。
これも刺繍見本。ウールですね。
パイルジャガード。
TRUCK FUNITUREのクッションなどの生地も生産している工場のものです。
リネンスペックの切り替えボーダー。
パネル生地です。

古巣はリネン糸商社と一緒に技術開発や商品開発をしているので、
いち早く新しい糸を使って見本反を作ったりしていました。
当時は最先端でしたが、今となってはアパレル業界内ではそんなに珍しくないかも。

でも、ユニクロしか知らない最近の若者にとっては
この糸や生地の価値はわからないかもしれません。

最近は
コスパとトレンドばっかりが取り沙汰されているみたいですから。
ゆるゆるふわふわのニットキルト。
これ、Wildberryで予約販売しました。ずいぶん昔に。

このニットキルト風ジャガードもWildberryで販売したなあ。
オーダーを受けて生産したけど先方から「なんか思ってたのと違う」っていうんで納品を拒否されたんだったっけな。
いや、言われた通りに作ったんだけどな。。。
ちょうどニットキルトが流行っていて、でも高いから、
できるだけ安くそれっぽいものを作りたいというオーダーだったのですが・・・。

生地商社からのオーダーでした。

繊維業界って、生き馬の目をえぐるようなことを平気でやってくるんですよね。

本当に。
みちみちでハンガー1つを取り出すのが意外と困難だったりします。(笑)


「◯◯箱分のご希望をいただいたよ!」と報告すると
「マジか。ハンガー足りるかなあ?」なんて社長が不安になり始めていますよ。

でも私の感覚では
大丈夫なんじゃないかなと思っていますよ。

何せ、長年生地の梱包出荷をしているので。(笑)

さてこれからしばらく忙しくなりますよ。
自分のお店の新着準備も進めないといけないしね。

のんびりぼちぼち、がんばりま〜す。
WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう