美輪明宏さん

今じゃ機械の世の中で
おまけに僕はエンジニア
苦労苦労で死んでった
母ちゃん見てくれこの姿。




というわけで、先日のぶっ込みクイズの正解は、
美輪明宏さん、もしくは丸山明宏さんのヨイトマケの歌でした。
マッキーも歌ってましたね。

後ほど抽選を行い、当選者の方には直接メールでお知らせしますね。
お昼までにはご連絡できると思いますので、どうぞ今少しお待ちくださいませ。

美輪明宏さんが苗字を変えたきっかけになったのが奈良の桜井市にある
三輪明神 大神神社であることはとっても有名な話ですね。

大神神社に祀られているのは「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」という名前の神様みたいですね。
出雲大社にお祭りされている、超有名な神様「大国主神(おおくにぬしのかみ)」の前にある日突然現れて
「国を作るのを成就させるために俺を奈良の東の山に祀れ。」と言ったとか言わなかったとか。

古事記と日本書紀に記されているのだそうです。

ちなみに伊勢神宮にお祀りされている天照大神が日本の神話の中では一番偉い神様で、
この世の全てを司る神様とされているみたいですね。
でも精神性が高すぎて非常に厳しい神様だったみたいで、その厳しさが邪魔になった他の神様たちが天岩戸という場所に天照大神を押し込めて
「炒り豆に芽が出たら出てこいや。」と言って豆を叩きつけたのだそうですね。

これが節分の豆まきの起源とされているみたいです。(諸説あるみたいですが)
ちなみに、岩戸神社という名前の神社が、奈良県にあります。
天岩戸があるとされている場所は日本国内に複数あるみたいで、
どこが本物、という明確な認証はされていないみたいですね。

最も有名なのは宮崎県でしたっけ?

で、出雲大社に祀られてる大国主神は、天照大神の右腕で、
この世の物質的なもの全てを作り出したり管理する補佐官みたいな役割の神様だったみたいです。
ということは、大物主大神(三輪大社の神様)はその補佐官のさらに補佐官ということになりますね。

大物主大神は「倭の国の東の山に」自分を祀れと言ったそうで、
ということは倭の国って奈良県っていうことになりますよね。
そんなわけで、邪馬大国があったのは奈良県桜井市周辺だったという説が結構新しい説なのですが、私は「そうだろうな。」と思っていますよ。

ちなみに名前から想像するに、大国主神は国作り、大物主大神は物作りの神様なのかな〜?と薄ぼんやりと思います。

ちなみに、私が甲状腺癌の手術を受けて治療していた時、
近所に住んでいたママ友がわざわざ大神神社に回復祈願をしに行ってくれました。

大神神社の中には病や医療を司る神様もお祀りされていて、
そこの湧き水を飲むと万病に効くという言い伝えがあるのだそうです。
ルルドの泉みたいですね。

実際にその神様のお社に向かう階段には超有名な製薬会社がご奉納した灯籠がたくさん並んでいます。
もう誰もが知っている超有名な製薬会社ばかりでした。

そんなわけで、甲状腺癌の治療から大神神社にご縁がつながった私は、
時々、お礼参りに行ったり、
関西に行くことがあったら無理してでもちょっと足を伸ばしてご参拝しに行くようになりました。

信仰心ってね、
個人の心の中に存在すれば良いもので、
集団で何かしらの活動を行ってどうこうしなくちゃいけないものではないと私は考えています。

なので、ご参拝した時は、
今も元気に暮らせていることをご報告して、感謝します。
御神仏に、お願い事は私はしません。

「パワースポット!開運!開運!」と言っていろんな神社や仏閣を渡り歩くツアーみたいなのが最近では人気みたいですが、
う〜ん、なんか違うかな?と私は思います。

「ああしてくれ!こうしてくれ!あれをくれ!これをくれ!」
って、たかが数十円もしくは数百円の投げ銭をされただけで
盛りだくさんの要求を突きつけられたら、
私だったら嫌だもん。私は神様じゃありませんが。
しかもその人があちこちの神様に八方美人的に参拝して、
そんであちこちの神様にお願い事を山盛りしていたとしたら
いやあ、困っちゃうし、なんか気持ちがモヤッとしちゃうんじゃないかな〜と思います。
私は神様じゃありませんが。

でも神様は人間の奴隷ではありません。
いきなりやってきて突きつけられた理不尽な願い事を聞く筋合い、
ないんじゃないかなと思います。

自分が物欲や金銭欲やプライドやマウンティングの波動を出していたら、
物欲や金銭欲やプライドやマウンティングにまみれた何かしらもしくは誰かしらと波長が合って、結局似たもの同士でせめぎ合うという現象を引き寄せてしまうのかな。
とおもいます。

これはおばあちゃんが私に教えてくれたことです。
「相手は写鏡だと思え。相手に対する不満は自分自身に対する不満なんだよ。」と。
それを踏まえて、
「人間関係なんて流動的で当然だよ、それは自分が成長している証拠だ。なぜなら自分が変わったら自分を取り巻く環境が変わるからね。」
とも言っていました。

とても若かった(幼かった)当時の私は「そんなもんかなあ?」と思っていましたが、
いい加減いい大人な年齢になった今だったら、なんとなくわかります。(それでもなんとなくかい!)


お金をいっぱい奉納すれば魂の格が上がるとか、
その宗教を信仰しないと地獄に落ちるとか、
その上先祖も犠牲になるとか、
そういう、
人の罪悪感や恐怖心を司ってお金を巻き上げたり他者を管理支配するのは
なんか違和感を覚えるなあと私は思います。


実は私自身も若い頃カルトと呼ばれる新興宗教に所属していたことがあります。
そのカルト教団に、両親と姉はまだ所属しています。

私はやめました。
一回やめて、その後親に
「信仰していないと不幸になるよ」と脅されて再度入信しましたが
「やっぱりなんか違うよなあ。」と思い、再度やめました。

「不幸になる」とか
「地獄に落ちる」とか
「先祖が苦しむ」とか

そういう脅しの文言で相手をコントロールしようとする人は
私は避けるようにしています。

「この宗教を信仰していないと地獄に落ちるよ」
と
脅されたことはたくさんありますが(複数のカルト教団の人に)
「うん。じゃあ、死んで地獄に落ちた時に後悔することにするよ。」
と答えるようにしています。


「不幸になるよ」とか「地獄に落ちるよ」と脅してくるカルト教団の人たちの言葉を無視して、自分が違和感を覚えない生き方をしてきたつもりですが、
不幸にはなっていなくて、逆に今はすごく幸せを感じながら暮らしています。


なので多分これから先も私は
何かしらのカルト的宗教にお世話になることはないかな〜と思います。

恐怖で支配されている状況の方が
よっぽど不幸なんじゃないかなと
私は思います。


これって、下手したらモラハラやDVに通じる部分があるんじゃないかなと思います。
信仰って
人それぞれの心の中にあればいいんじゃないかなと私は思います。

ちょっと最近物議を醸しているカルト教団の話題に触れてみました。
私の両親と姉が信仰しているのは別の教団ですが、
「地獄」「先祖」「お金」の文言が合致していたので、
ちょっと考察を述べてみました。

もし今何かしらのカルト教団に所属していて、この記事を読んで気分を害された方がいらっしゃったらごめんなさい。

政治と宗教の話は、公の場所で発言するべきではないという、
先人の教えを破ってしまいました。

これでお客さんが大幅に減ったとしても、
仕方ないことだと私は思っています。

だって、
心底思っていることだから。
発言しようが隠そうが、事実は事実として確かにそこに存在しているので。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。