バラバラの

高円寺には古着屋さんがとてもたくさんあります。
これはそのうちの一つ、かなり個性的でこだわりの強い古着屋さんのウィンドウに飾られている古い古いトルソーです。

胴体が、バラバラになっていますよね。

今の日本のアパレル業界では、
トルソーは各サイズに合わせて複数用意されているのが一般的ですが、
これを見ると、昔々の欧米諸国では
一つのトルソーさんにフレキシブルに大きくなってもらったり、小さくなってもらったりしながらサイズ展開を行っていたんだろうなあということが想像できます。

左端のトルソーは若い女性の体型のトルソーなんだろうなあ。
そして右手前のトルソーは、私世代のトルソーなんだろうなあ。
なんて想像できます。

若い世代と思われるトルソーはお胸の位置が高くて、そしてウエストが細い。
そして、私世代と思われるトルソーは、お胸の位置が低くて、そしてウエストも太め。
そしてヒップにかけて割れ方が大きいので、お尻が大きくなりがち。

このトルソーの割れ方、
これがパターンの補正の時の分割の仕方にそのままつながるんじゃないかな〜と私は考えます。


Wildberryのパターンは、A3版の張り合わせタイプがほとんどですので、
届いたパターンはコンビニでコピーすることをお勧めします。
そうして
原本は取っておくと、
コピーすれば色々アレンジできるかなと思うんです。

丈を伸ばしたいな。
身幅を出したいな。
着丈を伸ばしたいな。
袖丈を伸ばしたいな。もしくは縮めたいな。
袖をちょうちん袖にアレンジしたいな。

などなど。

手前は若い世代用の、カジュアル用のトルソーさんですね。きっと。
後ろのトルソーさんは私たちがよく知っている、
サイズごとに大きさが違う、アレンジの効かないトルソーさんですね。

着る物に対する考え方が、日本と欧米ではかなり違っていて、
日本では、大事なのはある程度の袖丈と身幅、
着丈は最初からかなり長めで作られていたので身長差にはフレキシブルに対応できていました。

平面的に作られた服を、立体的に「着る技術」が必要でした。

現代は洋服の文化になってしまっているので、
立体的な体に合う立体的な服を「作る技術」が求められています。

そのため、
平面的なものの考え方を得意とする日本人にとって、
パターンってすごくややこしくて難しいこと、もの、のように捉えられがちなのかな?
と思います。

パターンのアレンジのお問い合わせをたまにいただくのですが、
アウトラインをどのようにアレンジすればいいかわからない、という内容が圧倒的に多いです。

アウトラインをダイレクトにアレンジするためには、まずは立体を理解する必要があるんじゃないかな?と思います。

このバラバラのトルソーさんは
立体を平面に落とすという概念を、
すごくわかりやすく体現してくれている様に感じます。

本当に「あ、型紙の概念がここにある。」と思いましたよ。

「パターンを、洋裁を、習ったことがないから、私は初心者なんです。」
と
おっしゃるお客様が意外と多いです。
古くからのお得意様でも。

「洋裁ってこういうものですよ!」というレッスンを受けた場合の方が
そのセオリーに縛られて斬新で自由な発想が出にくい場合もあるかもしれないなあ?
と私は思っています。

昔々、
スーツを作るお仕立ての仕事をしていた姉を手伝った経験があって、
花嫁修行のために洋裁学校に通っていた経験がある私の母親が
私が起こしたパターンに関してひどく難癖をつけてきました。

「袖山、袖ぐりに関してこのラインどりはありえない。」と。

で、
「あんたの引くパターンは信用できない。」と。
「こんなパターンでまともな服ができるわけない。」と。

けちょんけちょんですね。

「うちのパターン人気で評判いいから、一回作ってみなよ。」
と言いまして
パターンと生地をあげましたら
「いや、いいわ。着心地いいし、動きやすい上にスッキリ綺麗に見えるわ。」
と言っていました。

「手のひら返しよったであいつ・・・。(関西弁)」と思いました。(笑)


ものづくりをしたい人のための、
ものづくりのための色々な事柄をショートカット的に教えてくれる学校というものは
確かに存在ますが、
それは「概要」だと私は思っています。

「それが全て」で「絶対的な正解」であると認識してしまうと
自由で新しい発想って出てこないんじゃないかなあ?と思います。

デザインで誤魔化しても、
元々の形のバランスが良くなかったら
「最新のデザインなのになんとなく冴えないなあ。高かったのに、なんでだろう?」
みたいなことになってしまう場合が意外と少なくないんじゃないかな?
と思います。

写真のトルソーさんのように、
パターンをアレンジする際はアウトラインではなくて
パターン自体をカットして
そしてまた貼り直して
再構築した方が
実は近道だったりします。

その場合
パターンをジョキジョキとカットして
何かしらのシーチングなり不織布なり、もしくはパターン用の紙に
もとのパターンを貼り付けて、
新しいラインを引いて、
そこから新しいパターンのパーツを作るのが
一番面倒がなくて失敗がないと思います。

私はダイレクトに線を引き直しますが。
それは立体を理解しているからなんじゃないかなと思います。
建築畑出身なので。

ただそれ(立体の概念)を言葉で説明するのはとっても大変です。
まさか
「ダイレクトに線を引き直せる様になりたいのでしたら、
まずは立体の概念を身につける必要があります。
手書きの建築パースの仕事を朝から夜9時半まで、
土日なし、GW無しの状況で3年半ほどやって下さい。」なんて
口が裂けても言えませんもんね。

というわけで、
Wildberryのパターンに関しては
コピーしたものをお使いになることをお勧めいたします。
ジョキジョキカットしてアレンジしても原本があったらまたやり直せるので。

商用に利用していただいても全然構いません。

私はデザイナーでもパタンナーでもなく、
若い頃に立体という概念を身につけたことがあるだけの、
ただ生地が好きな人なので。えへ。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。