すっピっスっピスピスピス〜

ポン・ポン・ポン。
クリティカルヒット!

先日の新着にはとてもたくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございました。
昨日からせっせと出荷作業をさせていただいておりますよ。

できるだけ効率よく出荷ができるように心がけて参ります。
それでも全ての受注分の出荷が完了するまでは少しお時間がかかってしまいそうです。

お待たせして申し訳ありません。
出荷完了まで、今少しお待ちくださいませ。



ところで。

私はスピ系の人で、それは霊感が元々強かったからそういう感じにならざるを得なかったのですが、
そうじゃないスピ系の人も最近はなんだか増えてきているように感じています。

実はオットであるやっさんも霊感が強くて
やっさんの上の妹も霊感が強いみたいで、
そもそもどうもやっさんたちのお父さんが霊感が強かったみたいです。
スピにも遺伝ってあるんですね・・・。

でも、世の中には目に見えないものを絶対に信じたくないという主義の人もいて、
「霊なんてそんなものは存在しない。おかしなことを言うな。」とか
なんなら「右脳、左脳という概念もそもそも存在しないんだ。」
なんてことを直接言われたことがあります。
いや実際に経験したんだけどなあ・・・。
育つ過程で経験した事柄を、全否定されて
人格や存在自体を全否定されたような気がしてしまいましたので、
散々否定された後で「好きだ。」と言われても
「え〜っと、何をおっしゃっているのかちょっと理解できません・・・すみません。」
となりましたよ。
「私のことを全否定した上に『好き』とはどういう感覚でしょうか?」と。


「霊感が強い」ということは特異体質だと思うので、
そこを理解しあえる相手(やっさん)に出会えたのは、奇跡に近いのかな、と思います。

で、世の中には実際に目に見えるもの以外を信じないタイプの人もたくさんいるので、
私ややっさんややっさんの妹がどんなスピ体験を今までして来たかは明確には述べないほうがいいのかな?なんて思います。

こういう、天然真鯛みたいな生まれつきのスピ系の人もいれば
養殖物のスピ系の人もいるのかな?なんて最近は思います。

商売を始めて5年目ぐらい
だから今から15年ぐらい前に感じたことなのですが、
「金銭的及び物質的に豊かな状態をよしとする」という価値観から、
「必要最低限のモノで生きる」いわゆる「断捨離」という概念が少しずつ認知されるようになって来ました。

アパレルの残反を扱って来ていたので
「世の中にはこんなにも使えるのに捨てられちゃう廃棄物が多いんだ。そしてそれほどたくさんのものを無駄にしても成り立つ今の経済ってどうなっちゃってるの?」
とも思うようになりました。

そこでその頃ぐらいから
「これからの時代は、ものを売ってお金儲けをするんじゃなくて、
情報やスキルや知識を売ってお金儲けをする時代になるんじゃないかな。」
と思うようになりました。


それから今まで15年間、
私はたまたま仕事上で知り合ったエコ活動家の人の考え方に触れることがあって、
情報を商材にしてお金を稼ぐのではなく、
エコ活動、社会貢献をすることで生きるという方向に考え方が傾倒していきました。

なので、
せっかく作った良い生地が廃棄されてしまわないように、
「こんな良いものもあるよ。」
「あんな良いものもあるよ。」
という感じでご紹介するという今のスタイルに落ち着きました。

なので
新しい生地をほとんど作らなくなりましたし(たまーに作りますが)、
正規品の生地をほとんど仕入れなくなりました。

それと同時ぐらいに、
それまでは「金銭的、物質的に豊かで楽しい暮らしがしたいなあ。」と思っていたのが
「生きていられるだけで十分。」と思うようになりました。

それに伴って、
90平米ぐらいの家に住んでいたのが
70平米になり、
60平米になり、
47平米になり、
今は37平米の家に暮らしています。(笑)

生活する場所の面積が半分以下になり、持ち物も半分以下になりましたが、
特に不自由することなく、
惨め感なども一切なく、
楽しく、心豊かに暮らしています。

先日、上の義妹と話していたのですが、(北鎮記念館は下の義妹)
私:「風の時代になったらしいねえ。これからは物質じゃないものの方が価値が上がってくる時代になってくるんだろうねえ。」
義妹:「そうだよね。スピの時代がやって来ているね。」
私:「でもなんだか、思い通りの結果を引き寄せるためのメソッドと称して高い値段でセミナーを売りつけるような業者も随分と増えて来ているみたいだね。」
義妹:「それはなんだか本末転倒なような気がするねえ。」

なんて話をしていました。

今はそんな感じで風の時代、これからはスピリチュアルな時代だよなんて言われていますが、
結局、昔から日本に伝わる教訓的なもの
「人を呪わば穴二つ」(悪行は巡り巡って自分に返ってくる)とか
「情けは人の為ならず」(善行は巡り巡って自分に返ってくる)とか
「自分がされて嫌なことは他人にするな」とか
「お天道様は見ているんだよ」とか
そういう基本的なことをちゃんと信じて行動できるかどうか
で
心や生活の豊かさって変わってくるんだろうなあ。てかそういうもんだよなあ。
なんて思いましたよ。

「自分にとって都合のいい状況を引き寄せるためにはどうしたらいいか教えます。セミナー代金◯◯万円。今だけ40%オフ!お急ぎください!」
みたいな情報が今はとてもたくさん飛び交っています。
(昔から存在していましたが、最近はより多くなっているように感じてしまっています)

「意中の男性に愛されるためにはどうしたらいいの?」

と、10年ぐらい前に私に聞いてきたかつての友人。

鶏が先か、卵が先か。

あるがままの自分で愛されるのか、
愛されるために自分の意識や行動を強制的に変えるのか。

後者の、
愛されるために自分の意識や行動を変えるのは、
下心から発祥する現象のような気がするので、
それによって意中の男性を射止めたとしても、
その後も心底安心できる事はないのかしら?なんて思ってしまいました。

結局その人は
意中の男性を射止めましたが、その人の心を繋ぎ止めるためにものすごく必死になってしまい、
友達関係を疎かにしました。(女子によくあるやつ)

その人はそれでいいのかもしれませんが、
外側から見たら
なんだか
なんていうのかなあ。。。
そういうもんかね?

と思ってしまいました。

私はその人のことが好きだったので、
何でもかんでも彼氏ファーストの生活に一転してしまった彼女から
自分が疎かにされて蔑ろにされた気がして、とても寂しい気持ちになりました。
そして
私の方から立ち去りました。
「あなた私に対して失礼よ!」という感じですごい怒られましたが(笑)。

関係を解消しようと思わせる行為を私にしていたという認識は彼女にはなかったようです。

驚かれたとしても仕方ないかなとは思っていましたが、
まさか「失礼な!」と怒られるとは思ってもいなかったので、
逆に驚いたのと、ちょっと怖くなりました。

理解できない物事に対しては人は恐怖心を覚えるというのは本当のことなんだなあと思いましたよ。
この老犬は、朝3時半ぐらいから「朝ごはんください。朝ごはん・・・。」
と言っているかのように「スッピッ!スッピッ!」と言って私を起こします。

そんなわけで私はいつも寝不足ですが、
やっさんが助けてくれるので今は随分と体調がマシになりました。

助け合える相手がいるって、本当に幸せなことですね〜。


そういえば。
幸せを追いかけ始めた時から不幸が始まるなんて言っていた著名人がいるらしいです。
他には
今置かれている状況の中で幸せを認識することができる気持ちを持っている人だけが
幸せになれる。
と言っていた人もいるそうです。

すごく哲学的というか、深い言葉ですね・・・。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。