ご報告とお知らせ

Wildberryのワッフルの生産に関する続報をお知らせします。

中国でのロックダウンに伴って、リネンの糸が品薄となり、
新たに発注しても納品されない可能性が高いということが判明しました。

が、
工場さんにストックしてあるリネン糸が少しありますので、
それで織り切ることができる分だけ、ワッフル生地を織ってくれるみたいです。

その数量が何mぐらいになるのかはまだちょっとわかりませんが、
とりあえず、あるだけのリネン糸を使ってくれるのだそうです。

その後は糸次第、すなわち中国のロックダウン状況次第ということになります。
日和見の生産状況で申し訳ありません。

工場さんのストックのリネン糸を、双糸加工するところから始まりますので
前回のワッフルは思っていたよりも早く上がりましたが、
次回は少しだけ遅くなってしまう可能性があります。

ちょいちょい「今どの工程ですか?」とお伺いを入れていこうと思っています。
ご不便をおかけして大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。



私の古巣のテキスタイルメーカーの東京事務所を閉めるに当たって、
大量にあるハンガーを捨てるのはもったいないということで、
ご希望の方に運賃1800円だけご負担してもらってお送りしよう、という計画が上がっています。


まだエントリーを締め切ったわけではないので、
もしご興味がおありでしたらぜひエントリーくださいね。

本当は23日から社長が事務所整理前の最後の商談のために東京に来る予定でした。
商談相手は◯ンハーマンと◯ールスミスの予定でした。

ですが社長の体調が良くないので、
商談のために東京に来るのが1週間伸びることになりました。

商談にはハンガーがフルラインナップで必須なので、
「最後の商談が終わるまではハンガーは動かさんといてな。」
と言われています。
「資料としてこれは必要だと思われたものはそのままお客さんに渡すつもりやから、
事務所のハンガーの整理はその後にきてや。」
とも言われています。

そんなわけで、
まだ東京事務所のハンガーの整理のための行動は起こしていません。

ハンガーのボリュームは目視でわかっているのですが、
実際に何名さままでご用意できるのかは未知数です。

ただ、
32年間、作って作って作り倒してきた生地の資料のボリュームは
創作や創造に関して自信があるハイブランドのデザイナーさんたちも圧倒されて知恵熱が出てしまうぐらいの数と種類です。

赤帽さんみたいな運送会社をチャーターして、
Wildberryの事務所に運んで、
そこから組み合わせ作業をして
Wildberryから出荷するのがひょっとしたらいいのかもしれないぞ、とも思っています。

とにかく商談が終わってからじゃないとお送りする作業の行程を組み立てることができない状況なので、
もう少しお待ちくださいね。

次の水曜日にでも、一度東京事務所の中の状況を再度確認しに行ってみようかな?と思っていますよ。

新着の出荷作業も、無理することなくできるだけ効率よく、
粛々とすすめていきますね。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。