決まりや法則はない

少し前に、
テキスタイルに詳しい生地やさん的なスタンスを名乗る人が
Twitterで
ピンテンターの穴、向こうからこちら側に針が刺されている方が表です。

と言っている人がいました。

それに対して
「逆だと思っていました。勉強になりました」という感じのコメントが多数寄せられていました。

一般的には、針がこちらから向こうに刺されているのが表であるということになっているみたいです。

仕上げ工場によって違うので、
そういう「法則」は実は存在しません。

ピンテンターは、
洗い上げて濡れた生地をボイラーで乾燥しながら生地をピチッと伸ばすための
機械にかける時に
生地の両脇を引っ張る時に生地がずれたりしないようにするための
いわば剣山みたいなもので、
「表側をどっちにする」という決まりは存在しません。

ピンテンにかける目的は、生地を乾かしながらピンと張ることなので、
表を上に張る場合もあれば表を裏に張る場合もあります。

なのでピンテン(生地の両脇にある細かい穴)の向きで表裏を判断するのは
あんまりお勧めしません。

特に仕上げ工場では日本人の工員さんよりも外国人の工員さんの方が圧倒的に多いので、
その上ラテンな国の方も結構多いので、
「そんな細かいこと気にしないよ。」的なスタンスの人が意外と多いです。

画像の生地は、ピンテンが上から突き刺されている側にF(FACEの意味)の文字があるので、こちらが表ということになります。

その逆もあります。

ややこしいです。

でも、平織の生地は、どっちを表にしても弊害はありません。
最近は「表裏なし。」という生地も増えてきました。

ツイルやジャガードは、表裏が確かに存在ます。
が、
例えばサテン生地なんかは
「バックサテン」なんていうものがあるように、
「本来裏側であるとされる側を表使いする」という方法で使われています。

ブランドさんが
「どっちを表として縫製して欲しいか」が、テキスタイル業界では重要で、
それを守るために「こっちが表だよ。」という表示がなされていますので、

「生地には表と裏があって、それは絶対領域で、それを守らないといけない。」
みたいな、
ホームソーイング業界内でのセオリーって、実は存在しません。

昨日の記事でも書きましたが
「こうあるべき」を求めがちな人が日本には多いのかな、と思います。
それを逆手に取って、「こうしなさい、ああしなさい。」とセオリーを押し着せることで
「授業料」的な名目で利益を得る人たちも少なくありません。

ものづくりって学問じゃないので、
「これが正解」というセオリーというか法則は存在しないと私は思っています。

好きなようにすれば良いじゃん。と思います。
昔々、
私が建築パースを描く会社で仕事をしていたことを知ったある人から
「うちの息子、絵が下手なのよ。お金出すから絵の描き方を教えてあげてほしい。」
と頼まれたことがありました。

それを受けて、その男の子にお絵描きを教えたことがありました。

画用紙を渡して「好きなものを描いてごらん。」と言ってみました。
そうしたら画用紙の隅っこにちっちゃーく、自分の好きなポケモンのキャラを描きました。

なので、
「画用紙はもっとずっと大きいけど、ちっちゃく描きたかったのかな?」
と言いましたら
その男の子は
「お母さんが僕の絵を下手だダメだというので、恥ずかしくて目立たないように小さい絵しか描けなくなっちゃったんだ。」
と言いました。

「そうなんだ。じゃあ君の描いた絵はお母さんには見せないから、
好きなように好きなものを描いてごらんよ。絵には上手いも下手もないし、
これが正解とか間違いとかそんな決まりはないんだよ。自由に好きなように描いて良いものなんだよ。」

と言って好きなように描かせました。
そうしたらそのちっちゃなポケモンの絵に加えて、
いろんな絵を描き始めて、
画用紙が埋まりました。

画用紙いっぱいに、一つの絵を描く人もいます。
画用紙に、小さな絵をどんどん描き加えて、全体で一つの絵みたいにする人もいます。

どちらも正解じゃなくて、どちらも間違いじゃありません。

絵を描いたり、ものを作ることって、
セオリーや法則っていうものは存在しなくて「正解」も「間違い」も存在しないと私は思っています。

その男の子のお母さんや、ムスメの先生たちは言いました。

「お母さんが絵を描くのが上手だから、マナちゃんは絵を描くのが上手なんだね。」と。

答えはノーです。

その男の子からも、
「お手本を描いて見せてよ。」と言われました。
ムスメからも「お手本を見せてよ。」と言われました。

でも
私はお手本を見せたことは一回もありませんでした。

でも結局、その男の子は私の前では自由に絵を描くことができるようになりました。
でもそのお母さんはその男の子の描いた絵を
「またこんなポケモンみたいなくだらないものばっかり描いて。」と言って
認めようとしませんでした。

お察しの方も多いかなと思いますが、
その男の子のお母さんは常にセオリーや正解を求めるタイプの人だったので、
「好きなように描かせるだけで周囲から評価されるような絵が描けるように導いてくれなかった」私をに対して不満があったみたいでした。

その子の表現を、「人から評価されるかどうか」を基準に「うまい、下手」を決めつけているそのお母さんの考え方が嫌で、私はすぐに絵を教えるのを辞めさせてもらいました。

その子の描く絵が、萎縮しているように見えたので、
お母さんは「この子に問題がある」と考えているようでしたが、
私の目にはその子が問題を抱えているのだとしたら、
「お母さんが与えた価値観や虚栄心」によるものが大きいと思いました。

「小手先のテクニックを教えてくれる絵画教室はたくさんあるから、自分の息子の描く絵に問題があると思うのだったら、そういうところに通わせた方がいい。」と私はその男の子のお母さんに伝えました。

セオリー?
法則?
絶対的な正解?

それらは物理や数学や化学の世界では存在するけども、
我々は無機質な物質ではなく、
有機物でその上生命体です。

「こうしたらこうなる」的な法則は当てはまりません。


それでも我々現代人は、何かしらの法則を求めがちです。
多分、「それさえやってれば安心。」的な何かしらを求めているんだろうなあ、と思います。


昨日はお休みの日でしたが、
生地の写真を撮りに事務所へ行って来ました。
無地で地味な生地ばかりですが、
「これいいな。」と思えるようなものが多くて
品数がちょっと多いのにも関わらずに息切れすることなく撮影ができました。

今のWildberryの事務所は、
目の前に少し背の高いマンションがあるせいで
火が差す時間帯がごくわずかで、
その時間内に撮影をしないといけないので、
時間との競争みたいな感じになってしまっています。


次回新着の生地はライカで撮影しました。
iPhoneで撮影した画像と、どう違うか知りたかったので。

さすがはイメージセンサーフルサイズだけあってどちらも遜色ない画像が撮れました。

ライカは個性が強いので、
あとは好みの問題かな?と思いました。

私はライカの画像が好きですが。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。