オッケーとNGの曖昧な境目

ヤマザキ春のパン祭り♪
の白いお皿が束になって道端に置いてあったことがありました。

平たいお皿が6枚セットで300円
丸いボウルが4枚セットで200円
全部で500円でした。
そんな感じのセットが、何やらたくさん並べられていました。

「銭はこの中に入れてください」とステンレス製の計量カップが置いてあったので
500円玉をその中に入れて、持ち帰りました。
銭って・・・(笑)

もう少し前に、別の場所の「ご自由にどうぞ」のコーナーで
この「ヤマザキ春のパン祭り♪」の平たくて四角い白いお皿(未使用)があって、
一枚だけもらって帰ったことがあったのですが、
それを見た娘がこれをえらく気に入った様子でした。
「このお皿いいなあ。このお皿かわいいなあ。このお皿欲しいなあ。」
と我が家に来て食事するたびに申していまして
似たようなお皿を探しに高円寺中を練り歩きましたが、
見かけたものは全て「帯に短し襷に長し」だったらしく、
結局購入には至りませんでした。

そんなにこの皿が好きか・・・。

少しだけ深さのある、丸みのある四角の、磁器のような半透明なこのお皿、
実際にすごく使い勝手が良くて、見た目も可愛いし、私も好きです。

しかもメイドインおフランスなところもなんとなく気分が上がります。(ミーハー)

こんないいものがパンをいっぱい食べたら無料でもらえるのか〜。すごいなあ。
と、もともとパンがあんまり好きじゃなかった上に今は糖質制限食を余儀なくされていてパンを買う機会がほとんどない私は今更ですが思いました。

それにしてもこのおうちの人、
こんなにたくさん白いお皿を出していて(しかも全て未使用)
どんだけいっぱいパン食べたんだろう・・・。
なんて変な心配をしてしまいましたよ。(笑)

ちょうど我が家でも同じくらいのサイズ感のお皿をうっかり割ってしまって
保有するお皿の数が危機的なぐらいに少なくなっていましたので
少し多めの数をチョイスしました。

ムスメに
「マナの好きなお皿と同じシリーズのボウルゲットしたよ。好きなだけ持っていっていいよ。」
と知らせましたら
後日四角いお皿3枚と丸いボウル2枚を
ニコニコ顔で持ち帰っていましたよ。

「嬉しい!嬉しい!ありがとう!」と言って
本当に嬉しそうでした。

たかがパンのおまけ、と捉える人もいるかもしれません。
所詮タダで貰ったものなのに、値段をつけて転売するってどうよ
なんて考える人もひょっとしたらいるかもしれません。

ものの価値って、それを目の前にしたその人が決めるものなんじゃないかなと
私は思います。
そのものを気に入って自分にとって価値があると判断したなら
そしてつけられた値段が納得のいくものであれば
その対価を払ってそのものを自分の元に迎え入れれば良いと思います。

我が家ではヤマザキのパンはほとんど買いませんし食べませんので、
(スミマセン。娘が好きなのはパスコの超熟だったもので)
「ヤマザキ春のパン祭り♪」の白いお皿がこんなにクオリティの高いものだなんて、
つい最近まで知りませんでした。

いや本当、すみませんでした。
こんなに良いものがこんなに安く購入できて、ホクホクしています。

四角いお皿は特に、少しだけ深さがあるところが良いです。
使い勝手もいいし、造形のバランスがすごくいい。
センスいいなあ〜。と思います。
使っていて気分がいいです。
もともと無料の物なのに。こんなにクオリティが高くていいんだろうか。

丸いボウルも大きさと丸さがちょうど良くて、
あとは質感と安定感が良いので、
料理の時に切ったお野菜を一時的に入れるボウルとしてもすごく使いやすいです。

今まではサイズ感的にIKEAの丸いステンレスボウルを使っていたのですが、
これは丸すぎて安定感に欠けていて
調理の過程でコロンと転がって中身が溢れるみたいなことが結構頻繁にあって、
使いずらさを感じながら我慢しながら仕方なく使っていたという事実があります。
(使用期間約10年)

磁器のような白いガラスボウルは
調理器具兼食器として使えるよなあ。と思いました。

無料でゲットしたものに値段をつけて再販するという行為は
良いことなのか、悪いことなのかはわかりません。

でも多分、ヤマザキ春のパン祭り♪の白いお皿シリーズに関しては
再販禁止的な意思表示がなされていなかったように思います。


ちなみに、Wildberryのパターンは再販禁止です。
生地は再販していただいても全然大丈夫です。

買った時よりも高い値段をつけてもらっても
大丈夫です。

今は基本的に版権物(ブランドマークやロゴマークがついているもの)
は販売しませんので。
しかもブランドさんで使用されたオリジナル生地(一般的なチェックやストライプみたいな無難な生地)でも
ある程度(5年ぐらい)時間が経って版権的に問題なくなったものしか販売しませんので。
(無地に関してはそもそも版権が存在しません)

Wildberryのパターンを使って作ったお洋服に関してはどんどん販売していただいて結構です。
万が一その製品を販売した時に起きたトラブルに関してはすみませんが責任を負いかねますので、そこはご了承くださいね。

パターン自体は販売しないでください。
例え購入した時よりも値段を下げていたとしても、
しないでください。

今廃盤になっているパターンに関しても
おまけパターンだったものに関しても
それらのパターンに対する著作権は放棄していませんので、
再販しないでください。

時々見かけます。
フリマサイトで、
Wildberryのパターンをそのまま転売している人を。
多分パターン自体をコピーして、
「ほぼ未使用」として出品しているんでしょうね。
Wildberryでの販売価格よりもほんの少しだけ安く設定されているものもありました。

「転売はしないでくださいね」と買いてあるおまけパターンに堂々と値段をつけて販売されている例も見かけました。

見かけたら
「やめてくださいね。」とメッセージを入れます。
気が向いてチェックして見かけた時だけですが。

私も暇じゃないので、
いつも張り付いてパトロールできるわけではないので
本当にごくたまに、ですが。

日本を含む東洋の国々では、
「知的財産権」に対する意識が低いと言われています。

とある型紙屋さんでは、
そのお店の人気パターンをそのままコピーして
オークションで何部も高値で販売して利益を得ている人もいたとのことです。

で、
その出品者に「やめてください」とメッセージを送ったら
「あいつがめつい」的な書き込みを、2ちゃんねるでされたそうです。

当然の権利を主張しただけなのに、
「がめつい」とか言われて「散々儲けているくせに」みたいに悪口言われて
叩かれるのって、どう考えても理不尽だと思います。

名前や住所が非公開だとしても
名誉毀損として訴えることができる案件だと思います。

もう20年近く前のことですがね。

今も、Wildberryだけじゃなくてたくさんのパターン屋さんのパターンが
フリマサイトで出品されています。

そんなことしちゃいけません。
だめです。

お店によっては
自社のパターンを使って製作した製品の商用利用さえ禁止しているところもあるみたいです。

それぞれの創作者が主張している事が法律上では重要視されますので、
お店によってその細則が違うのでややこしいとは思いますが、
それはさておき、
パターン自体の転売は基本的にだめだと私は思います。

例え無料で配布されていた物だったとしても。

友人知人に無料で譲るのはありだと思いますが。

著作権とか知的財産権って
ややこしくて難しいですね。

ちなみにWildberryはWildberryのパターンを使ってご自身で作ったお洋服は販売してもらってオッケーです。

ただ、
縫製工場に持ち込んで、企業規模で量産するときは、
ご一報ください。

と言っても、
企業レベルでやっているところは
一部の仕様を変更して
「全部合致するわけじゃないので、これウチのオリジナルですから!」
と言い張るんだろうなあと思います。

「オマージュしただけですから!」
とか
「参考にしただけですから!」
とか。

今まで散々アパレルの人達のやっていることを見てきたので、
他社のデザインをパクるとか、
他社のオリジナルの生地をパクるとか
そういうのを山ほど見てきました。

なんなら暴露しちゃいますが
SHIP◯で大ブレイクしたスペック太ボーダーのメンズTシャツ、
元ネタはロンハー◯ンのTシャツの生地で
ロンハー◯ンはそれにオーバーダイしていましたが
HIP◯はオーバーダイしないでそのままTシャツに仕立てていました。

日テレ系のジッ◯の中で流れていたジングルで
エクザイルの人がそのTシャツを着ていたっていうことでバズったらしくて
空前絶後の売り上げを叩き出したみたいで、
倒産寸前だったSHIP◯が会社を立て直す事ができたという事実がありました。
7〜8年前のことですがね。

そういうアパレル業界の中身の黒さがダメージになり、
それとともに社長のパワハラもすごかったので
体調を崩してしまい、辞めました。

華やかなアパレル業界の裏側は、ヘドロみたいな世界でした。




今の日本(日本だけじゃないかもしれませんが)のモラルって、こんなもんです。
自社もしくは自身の利益のために他社もしくは他人のアイデアを盗んでもそれに対する罪悪感も羞恥心も一切存在しない。

自社もしくは自身の利益のために
他人の健康及び利益を犠牲にしてもそれに対する罪悪感も羞恥心も一切存在しない。

八大地獄みたいだなあと思う事があります。

おばあちゃんに
「盗む側より盗まれる側になりなさい。盗まれたらありがとうと思いまさい」
なんて教えられましたが、
私は非常に未熟なのでなかなかその粋には到達する事ができないでいます。
もうBBAなお年頃ですが。

「鬼灯の冷徹」
オススメです。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。