染みつく。

気がつけば今年も後1ヶ月と少ししか残っていないのですね。
もう年末なのか・・・。

今年は特に暖かい日が多いような気がして、
まだ「冬」をちゃんと認識できていません。

糖質制限生活が長いせいで、寒さを認識しにくくなっているせいもあるかも知れません。

それを加味しても、今年は暖かいように感じるのは気のせいでしょうかね?
iPhone先生が教えてくれました。
高円寺に事務所を移してからの私の1日の平均歩数は
蔵前に事務所を構えていた頃の7割に満たないのだそうです。
蔵前に通っていた頃、毎日そんなにたくさん歩いていた認識がありませんでした。

通勤と乗り換えって、認識していないけど結構歩くものなんですね。
知らなかったなあ。

今は家から事務所までが徒歩15分ぐらいですので、
歩く距離が減りますわな。

あとはやっぱり自粛グセがついてしまっているのでしょうね。

できるだけ出かけないようにするのが身についてしまって、
買い物の時は「明日明後日ぐらいの分まで食材買ってしまおう。」とか
「必要最低限のものだけ調達しよう。」とか、
無意識のうちにそんな考え方と行動様式が染み込んでしまっているのかな?と思います。

緊急事態宣言が明けて、丸1ヶ月半以上が経過して、東京の新規感染者数は連日50人未満にとどまっていますので、
東京都内の人の流れはとても増えてきています。

有名な場所、例えば新宿とか銀座とか渋谷とか原宿とか代官山とか恵比寿とか中目黒とか浅草とか
そういう場所には都外からもたくさんの人が訪れていると思います。

私は頑固だからなのか頭の硬いBBAだからなのか、
いっぺん自分のものになってしまった感覚を、「宣言が明けたから、大丈夫!」と外して恐怖感を払拭することが
どうもできずにいるみたいです。

欲しいものを買いに出かける時でも
「徒歩で行ける範囲内」で入手できるかどうかを考えるようになったし、
「多少遠くてもできるだけ徒歩で移動しよう。」と考えるようになりました。

出かけなくなったし、外食もしなくなったので、家計費の支出は大幅に減少しました。
そうなると、「少ない収入でも案外やっていけるんだね。」
という感覚が染みつきますね。
そうすると「まあ、やれているんだから、収入が以前より減っても大丈夫だね。」
という感覚になるのではないかな?と思います。

こういう感覚が私だけじゃなくてたくさんの人たちの間で染み付いているかも知れないので、
じわじわと少しずつ、経済が低迷していくことが予想できるのではないかな?と思います。

昨日は「闇金ウシジマくん」を買いに、
オットと連れ立って歩いてかの有名な「中野ブロードウェイ」に行って来ました。
サブカルの聖地と言われている中野ブロードウェイですが、
漫画、アニメ、フィギュア、薄い本(同人誌)、ゲーム、ある特定のジャンルのDVDなどのヲタク文化だけに特化しているかのような印象が強いかも知れないなあ?と思いますが、
その分野とはかけ離れた「高級腕時計」を取り扱うお店もかなり多いんです。

高級腕時計屋さんに集う人たちは、
あからさまに「ろんはーまん」的なおしゃれでセレブっぽい服装をしていたりするので
「面白いなあ・・・。」と思ってしまいます。

しかも「高級腕時計ブランドのラインナップの中ではなかなかお手頃価格な商品」
ではなく、
「レクサス買えるね。」
とか
「これ、北海道の田舎だったら中古の一軒家買えるね。」
「いや札幌でもそこそこ便利な界隈で中古マンションだったら買えるね。」

というぐらいの単価でした。

高い腕時計はおそらく地金が金だったりプラチナだったり、
細かいダイヤモンドが散りばめられていたりしていて、
とっても華やかで目立つものが多かったです。

「この腕時計と同じ値段で、北海道だったら中古一戸建て買えちゃうけど、
同じ値段を出すならどっちが良い?」とオットに聞きましたら
「一戸建てかなあ・・・。」と言っていました。

一戸建てを買えるぐらいのお値段の腕時計を身につける方が良い

と考える人も結構たくさんいるんでしょうね。

だからあんなにたくさんの高級腕時計屋さんが成り立っているのでしょうね・・・。

まあ、本当のお金持ちは現金はあまり持たず、
世界的に価値が落ちにくい「現物資産」を持ちたがるという話を聞いたことがあります。
社会の景気が悪くなって、(例えばインフレとか)貨幣価値が下がった時にも
現物資産を持っていたら、それを売りに出して換金したときに、
その時の貨幣価値に沿った金額で売れるので、
「苦労してコツコツ積み立てていた預金が、全然価値のない金額になってしまっていた。」
的な、高度経済成長期的な悲劇を防げるのだそうですね。

難しい話になりましたが、
どっちにしてもそういう超高級な品物って、
お金が余っている人じゃないと買えないイメージですので、
そんなお店がすごくたくさん存在しているっていうことは、
それだけお金が余っている人が多いっていうことなのかな・・・。
と思いましたよ。

見栄っ張りのために無理して購入する人も中にはいるんでしょうけど。
でも、、
ここまで高級だと、本当にお金がたくさんあって余っている人じゃないと買えないレベルだよな・・・。と思いましたよ。

普通の人だったらローン組もうとしても余裕で与信オーバーする金額だと思うので。

数百円から数千円のソフビ人形を売っているお店もあれば、
家が買えちゃうかも知れなぐらいの高級な腕時計を売っているお店もあれば、
なんていうかるつぼみたいな場所だなあと思いました。
これって、東京の、日本社会のちょっと極端だけど縮図なんじゃないかな、
と思いましたよ。

そんな中では、
自分の身の丈を知って自分の価値観をしっかりと持って、
他者に煽られても乗ることなく、淡々と、飄々と生きるのが大事なんだろうなあと
思いましたよ。

私たち夫婦は、
「闇金ウシジマくん」23巻を275円(税込)で購入して
またトコトコと歩いて帰りましたよ。

高級品を見て「こんな金額や世界があるんだねえ。」と学び
自分にとって必要なものだけ購入し、
そしてまた来たのと同じ労力をかけて(お金はかけない)帰る。

我々夫婦の身の丈って、
この辺りです。

多分それで良いんだと思います。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。