見つかりそうです

昨日のぶっ込みクイズには、大変たくさんのエントリーをありがとうございました。
日曜日ってブログの閲覧者数少ないし、
しかも受付期間も1日限りだったし、
ご応募、少ないかな〜と思っていたのですが、
全然そんなことありませんでした。

ぶっ込みクイズ、正解は井上陽水(斉藤由貴)さんの「夢の中へ」でした。
井上陽水世代と、斉藤由貴世代と、に分かれました。
私は両方世代でしょうかね。
山下達郎、大瀧詠一、新旧サディスティックミカバンド矢野顕子、YMO、一風堂などを好んで聞いていたように記憶しています。
世代的にはドンピシャよりも少し若いのかも?と思いますが、
マセガキだったんでしょうね。

中学時代の友達はおニャン子クラブ、工藤静香、ウインク、光GENJIなどが好きだったので、
なんとなく話がずれていました(笑)。

ちなみに子供の頃、キャンディーズの歌で、「アンドゥトロワ」と「優しい悪魔」がものすごく好きで、
どちらも作曲が吉田拓郎だと知ってから吉田拓郎も好きになりました。

吉田拓郎といえばやっぱり「落陽」でしょうかね。

みやげにもらったぁ〜〜〜あぁサイコロ〜ふたつ〜 手の中で振ればぁ〜またふり〜だ〜しにぃ 戻る〜旅〜にぃ〜 陽が沈〜んで〜ゆくぅ〜!」

ライブの時にはほぼ必ずラストで歌ってくれるみたいですよ。

せっちゃんの「歩いて帰ろう」や佐野元春の「サムデイ」みたいな感じでしょうかね。

「春だったね」も好きです。
「たどり着けばいつも雨降り」とか
有名どころでは「結婚しよう」ですかね。
「加川良の手紙」もとても好きです。
つじあやのもカバーしていました。
「拝啓 僕はとても残念でした。あの日君がホワイトジーンズじゃなかったことが。」
という、デートした時の彼女の服装をディスる内容で、
身勝手というか自分のエゴを押し付けがちな内容なのですが
でも彼女のことが大好きなことも伺えて、可愛いと思える歌詞で、
聴いているとほっこり和みます。

おっと、話題が逸れた。

好きなことやものについて話し始めると、楽しくなってしまってついつい方向性を見失いがちになってしまいますね。

今朝はいつもよりも早く起きて(3時半)、せっせと抽選作業をさせていただきましたよ。

まずはご応募の件数を数えて、紙を小さくカットして、お一人お一人お名前を記入して、
まぜまぜしてエイヤっと一枚選び出しました。

あみだくじでは到底追いつかない件数でしたものでね。

こういうくじ引きの時って、よ〜く混ぜてついつい真ん中の方を選んでしまいがちなような気がするぞ?
と思い、今日は中央から一番遠くの一枚をピックアップさせていただきました。

東京都練馬区のYさまに当たりました〜!どんどんどんぱふぱふぱふ!
お気に召すかどうかわかりませんが、カットクロスセット、送り付けさせていただきますね。

良かったらお使いくださいませ!

また、たくさんの靴下情報をありがとうございました。
HARISONという登山用の靴下メーカーのプレーンなラインはいかが?と教えてくださったお客様がいらっしゃって、
早速Google先生に探してもらいましたら、表地が綿しかもスーピマ、あとはナイロンとポリウレタンという、なんだか理想的な組成の靴下を生産していらっしゃるみたいで、
仕事の時は登山者並に歩くオットには向いているかも?と思いましたよ。
他にもフェアアイルソックスなどがあって、見ていて涎が垂れてきましたよ。

また「最近の靴下は持ちが悪くなってきているなと感じていました。」と言ってくださるお客様も多く、
「あ、やっぱりそうだよね?」と嬉しくなりました。

hacuの靴下はやっぱりすごく有名で、「私もhacuの靴下履いていますよ〜」とおっしゃるお客様が多かったです。
「hacuの靴下ばっかり履いているから、他の靴下があんまり良くないことに気づきませんでした。」なんて方も結構いらっしゃって、
「やっぱり良いものは支持されるんだなあ〜。」としみじみと感じました。

何事も、地道にコツコツと積み上げて正直な商売を続けることが大事なんでしょうね。
しみじみ。
「プラ容器」がダメになってしまったオットの話にも、すごくたくさんのリアクションをいただきました。
プラ容器は概ね2年ごとに買い換える必要があるっていうのは、
実は25歳ぐらいの時に何かの本で読んで知っていたのですが、
なにせプラじゃない容器って高いじゃないですか。

なので、ついついプラの容器を使ってきていたんです。

しかも一回買ってしまうと、
「まだ使えるから買い換えるのもったいないしなあ。」となってしまいます。

ホーローの保存容器も持っていますが、
レンチンするときに他の器に移し替えないと暖まらないので、
ついつい、プラ容器を使いがちでした。

自分への甘さがここに現れていますね。反省しなくては。

心を入れ替えよう。と思い、ガラスの保存容器を買いました。
丸型にしたのは直接食卓に出しても違和感がないかな?と思ったから
(ものぐさ)です。

繊細そうな薄いガラスな上に、耐熱ガラスなので、
おそらく衝撃が加わると結構な勢いで「パ〜ン!」と割れてしまうことが予想されます。

慌てず騒がず、大事に扱って行きたいなあと思いましたよ。

何はともあれ、食べ切れる量を作るのが一番なんでしょうね。
なんたって作りたてが一番美味しいですしね。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。