伏線回収2

昨日のブログで伏線回収ということについて書きましたが
私とオットとの関係も伏線回収的な感じだったみたいです。

オットは私を「淡い初恋」的な対象と認識していたみたいです。

中学生の頃仲が良かった男友達が家庭の事情で精神的にむしゃくしゃすることがあったみたいで
授業の合間、教室移動の時に通りすがりの全く関係のない男の子をいきなり背負い投げして
ちょうど居合わせた私が投げ飛ばされた男の子に「大丈夫?」と声をかけたのだそうです。(忘れてしまっていました)

投げ飛ばされた男の子が今のオットです。

で
当時のオットは、すれ違いざまにいきなり投げ飛ばされてびっくりしたのと
「大丈夫?」と声をかけられたことですっかりびっくりしてしまって
私に対するインパクトが強く残ったのだそうです。
(同時に、投げ飛ばされるところ見られちゃって恥ずかしいなという気持ちも残ったのだそうです)

その後特に強い接点を持つことなく中学校を卒業して
高校生の頃にバイトしていた地元の小さなショッピングモールの靴屋さんの
隣の靴屋さんにオットが新しいバイトくんとして入店しました。

その後お互いに別々の人生を歩み
ものすごく長い年月を特に関わる事もなく生きて来ていました。

私は結婚をして離婚をして、仕事のために関西に移住して
テキスタイルメーカーでお仕事をして東京に転勤して東京に住み始めました。

オットは家庭の事情で大学を中退せざるを得なくなってしまったことがあって、
その後ホテル業界に入り、北海道の富良野、釧路のホテルに勤め、
お台場のホテルに移り、その後ちょっと色々ありながらも今の職場、
雅叙園にたどり着き、
ずっと東京で暮らしていたようです。

Facebookで繋がっていたけど特に直接やり取りをすることがなかったのですが
両国から荻窪に引っ越した後で
私の投稿に「杉並区」と表示したらオットから連絡が来ました。
「え?杉並区?どこ?」と聞かれたので
「住所は荻窪。阿佐ヶ谷との中間ぐらいかな。」と答えましたら
「自分阿佐ヶ谷。飲もうよ。」
と言われました。

「ちょうど休みなので、明日どう?」と言われましたので
「いいよ。私の仕事が終わったら待ち合わせしよう。」
となりました。

待ち合わせの時に
オットが少し早く待ち合わせ場所で待っていてくれたのですが
「あ、いた。」
と声をかけて
「全然変わらないね。」と言いましたら
オットは「そんなことないよ。歳とって髪も薄くなっちゃったし。」
と言いましたので
「あ、本当だ。ハゲかけたおっさんがここにいるわ。でも同い年だから、私もおばさんだ。
おっさんとおばさんがここにおるで。」
と言って二人で笑いました。

で
その日から
会わない日はほとんどないっていうぐらいにほぼ毎日会うようになって、
(近所だったし)
あまりの居心地の良さについうっかり結婚してしまいました。

コロナ禍で自宅待機なのでこの1年半以上ほぼ24時間一緒にいますが
ストレスを感じることなく機嫌良く暮らしています。
(ごくたまに諍いもありますが。)

オット的には

「ずっと好きだったんだぜ
相変わらず綺麗だな
ほんと好きだったんだぜ
ついに言い出せなかったけど」

っていう気持ちだったみたいです。
(昨日の記事のぶっ込みクイズがここにもまた現れました(笑))

そんなわけで、
「伏線回収」の、全てが悪いことばっかりではないんですね。

いい事もありました。

というのろけでした。


昨日、犬たちに必要なものを買いに出かけましたら
帰りに高円寺駅北口広場の喫煙所でオットがタバコを吸いまして
それを待っていたら
広場の地面で何かしらを販売しているように見える人が目に入りました。

ものすごく興味を持ちましたが
なんだか柄が悪そうなようにも見えました。

でもやっぱりものすごく気になったので
オットの喫煙が終わった時に、そのエリアに立ち寄ってみました。

敷いてある段ボールに絵が描いてありました。
下書きなしのぶつけ本番で描いたことがとてもよくわかる筆致で
ものすごい画力だなと思って感心(感嘆?)しながら眺めていましたら
「似顔絵かいてあげようか?」と話しかけられました。
「二人一緒に一枚の紙に描いて、今日は特別サービス500円で描いてあげる。」
と言われました。
いつもいくらで書いているのかわかりませんが(笑)
「え、じゃあ描いてください。」
とお願いしてしまいました。
「じっとしてなくていいよ。おしゃべりしたり動いたりしても大丈夫だから、リラックスしてね。」と言われました。
オットとおじさんとおしゃべりしながらささっと描いてくれた似顔絵。

すっごく気に入りました。
個性もありつつ、画力がすごいなあと思いました。
特に、二人の目尻に笑い皺を描き込んでくれていたのがすごく嬉しかったです。
ポストカードも販売していましたので、購入しました。
私が気に入ってチョイスしたのはこれ。
画力の高さが如実にわかる絵で
ものすごく気に入りました。
オットが気に入ってチョイスしたのがこれ。
なんと手描きの一点ものでした。
レトロな雰囲気を醸し出しつつもものすごくセンスの良い一枚だと思いました。
帰り道に早速額縁を購入して、部屋に飾りました。
曲がっていますね。
直します。

前だけ向いて生きている人って
勢いがあるし、すごくカッコいいなあ。と思いました。

似顔絵を描いてもらっている間
いろんなお話をしましたが
すごくフェアですごく深くて、なんだかとっても心地よくて
すっかりファンになってしまいましたよ。

また見かけたら声をかけたいなあと思いますよ。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。