食べる。生きる。

昨日は午前中に食材の買い出しに行って来ましたよ。
土日は混む高円寺ですが、午前中はほとんどの古着屋さんが開いていないので
出歩いている人たちはほぼ地元の人で、しかも空いています。

暑くない気温だったので、散歩がてら、遠回りをしながら買い出ししました。

「刺身用」と書かれた丸々と太った鯵がありましたので、2匹買いました。

秋になると、国産の松茸が店頭に並ぶ魚屋さん(なぜ魚屋さんで松茸?????)があるので
「松茸そろそろかな?」と思って覗いてみましたが、日曜日なこともあってお休みでした。
残念。

家に帰って早速鯵を捌き始めましたよ。
1匹目の半身を削いだところで
オットが非常に興味深げにウズウズしながら見ていましたので
「やる?」と言って交代しました。

オットには秋刀魚を手で捌く方法は教えてあったのですが、
包丁で魚をおろすのは今回が初めてです。
ぜいごを削いでいます。
頭を落としています。
毛抜で中骨を取り除いています。
「やめて〜!ころさないで〜!」と、鯵が言っております。その前に死んでるけど。
初めて包丁で魚をおろしたとは思えないぐらいにスムーズに手早く綺麗におろしていました。
1匹はお刺身にしてお昼ご飯に、もう1匹はなめろうにして夕飯でいただきましたよ。
鯵と同時進行で牛すじの下茹でをしましたので、
2度目の下茹でが終わって少し柔らかくなった牛すじをオットが切ってくれました。

私はやらないのですが、
大きくて硬めの牛すじには、
味が染み込んで柔らかくなりやすいように隠し包丁を入れていましたよ。

後輩にに板長の座を奪われた古狸料理人のような気分になりましたよ。





嘘です。へへ。




でもそのうち、私よりもお料理上手になるかもしれないなあと思いますよ。

そうなったら、私が先に死んでもお料理も家事も困らない、
高いQOLを持った独居老人(男)になれるかな?





冗談です。へへへ。

下ごしらえした牛すじは、買い出しの時に買ってきた大根・卵・こんにゃくと一緒に
おでんを仕込みました。


先日の栗の残り全部を朝のうちにザラメで炊いてほの甘くてホクホクになったので
いつもよりも多めの米と、結構多めの栗を圧力鍋にぶっ込んで
栗ご飯(リベンジバージョン)をしましたよ。

(買い出しの時にも餅米を買うのを忘れたんです)

圧力鍋でご飯を炊くのは初めてだったのですが
ごはんがもちもちになってとってもおいしくなりました。

次はちゃんと餅米を買って、おこわにチャレンジします。

ムスメはさつまいもをリクエストしていました。

さつまいもご飯もいいですね〜。


ここ数年の地球温暖化の急速かつ劇的な亢進で
こんな豊かな秋の味覚もいつまで味わうことができるのかな?
なんて思ってしまいます。

でも、
今はまだ、自然の恵みが身の回りにはたくさんあるので、
ありがたがって享受しようと思います。

そのうち、
そういうこともなくなるかもしれないなあ、と思いながら。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。