タブーを犯したならず者の店主

ジャガードの柄の作成にハマり始めています。
練習2作目です。
フェアアイルってこんな感じかな〜?という王道の柄を作ってみました。
二色のシンプルなジャガードですね。

10/3ぐらいの太い糸を使ったローゲージニットをイメージしています。

そう言えば昔々、10/3のジャガード生地、作ったなあ?
と思い出しました。

あの時ね〜、別のブローカーさんに生地をお願いしていたのですが
難しいジャガードは古巣のテキスタイルメーカーに発注していたみたいです。

で、
付属はブローカーさん自身がハンドリングしていたみたいなんです。
私のオーダーは
「付属のテレコは色を揃えて、一般的なテレコフライスよりも緩い感じの、3×3か、4×4ぐらいのテレコで、あんまりポリウレタンは強くしないでほしい。」
だったのですが、
出来上がってきたものは
色を合わせただけの2×2のごくごく普通のテレコフライスでした。

サンプル製品や生地も見せて、こんな感じ。とかこんなイメージ。と言ってオーダーしているのに、
全く別のものが出来上がってきてしまったことが山ほどありました。

ある時は、
太番手のラフィー天竺TW7を渡して、
「これと同じ生地が欲しい。」とお願いしたのですが
普通の生成りの16/2天竺が納品されました。

で、キッチリ請求されました。

いくらなんでもこれはないわ〜。
と思い、私の堪忍袋の尾が切れました。

多分「素人あがりだから分からんだろう。」ぐらいに舐められていたんじゃないかなと思います。
しかも当時のWildberryはとてもたくさん受注があったので
「いい鴨」ぐらいに思われていたのかもしれません。

で、
こんなんじゃこの先も思い通りの生地が作れない!
お金ばっかり請求されてこれは不本意だわ!
と思った私は暴挙に出ました。

なんと、
ブローカーさんの先のテキスタイルメーカーに
「あの人に生地を発注したら思い通りの生地が上がって来ないから、
社長、私のために生地を作ってください!」
と直談判しに行ったんです。

業界のタブーを犯しました。
なので、
社長に直談判しに行った時は、口から心臓が飛び出すぐらいに緊張していました。

社長は
「オーダーしたものと違うものが届いて
クレームもつけず返品もせんと
言われるまま代金を払うなんてアホやで。
カモられて当然やわ。それは自分が悪いわ。
この業界、そんなに甘いもんちゃうで。」
と言いました。

「でも、カモられる方も悪いけど、
相手が何も知らんからと言ってそれにつけ込んでカモる方も悪いわ。
本当に作りたいものがあるのにそれが上がってこないのはストレスやろ。」
とも言いました。

「間に入っているブローカー飛び越して直接オーダーしてくるんはこの業界のタブーなんやで。」
とも言いました。

「でもどうしても思い通りのものが作りたいと思って
あかんことやってわかった上で禁を破る覚悟ができているんやったら、
ええかもなあ。」
とも言いました。

で、
「じゃあ、何が作りたい?」
と聞かれました。

Wildberryオリジナルボーダーとか
Wildberryビンテージ風天竺とか
ジャガード天竺、
吊裏毛など、たくさんの生地を作ってもらいました。

私は業界のタブーを犯しました。
悪いやつです。
ならず者です。

みなさんごめんなさい。
神様ごめんなさい。
でも、
どうしても自分が思う「可愛い生地」が作りたかったんです。

オーダーと違う生地が納品されて、仕方なくそれを買い取って販売するのが嫌ったんです。

しかも「また一緒に儲けようよ。さあ、オーダーくれ。オーダー!オーダー!」と言われるのも嫌だったんです。

それ以来なので社長との付き合いはもうかれこれ15年ぐらいになるかと思います。
柄を考える練習、3作目です。
見た目にはわかりませんが、これはそれぞれの色でレイヤーを分けているので、
レイヤーごとに色の指定を簡単に変更することができます。
全部同じ色にすることもできるし、
配色を大幅に変更して表示することもできます。

これは大体12Gぐらいのジャガード機のイメージでグリッドを細かくして作ってみました。
リピートはまだちゃんとしていません。

多色づかいに見えますが
編みの一列に使われる色は三色以内に収まっているので
普通のシングルジャガードで編めます。

レイヤーごとに色を変えていますが、
これを2色のシンプルなジャガードにすることも可能です。
実際にプレビューを見たら具体的なイメージが掴みやすいので
便利だなあと思います。
実物大はこれぐらいかな?

これはこれで繊細で可愛いですね。

どの糸づかいでどのゲージで作るかによって
印象が随分と変わってきますね。
面白いなあと思います。
とりあえず、なんか色々柄を作ってみようと思いますよ。

こういう柄、公開したらパクられるかもよ?
と親友が言っていましたが
ありえなくはないかもしれませんね。

とりあえず色々作ってみたいなあと思いますよ。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。