もう少し

今、Wildberryの事務所の中は反物で溢れかえっています。
早く販売開始しなくっちゃと焦るのですが
連日の暑さによるダメージでなかなか思うように進みません。

昨日ようやく撮影を終えた生地の画像の加工ができました。

登録作業を始めたのですがご紹介する予定の生地の種類が多いのでまたさらにちょっと時間がかかってしまうかもしれません。

事務所のパソコンがいよいよしんどくなってきたみたいで、
Photoshopを立ち上げても動きが怪しかったりするようになってしまいました。
もう本当に買い替えを考えないといけないのかなあ。。。
これを機にA3カラーレーザーを導入しちゃうのも手かしら?
でも置き場所が。。。
あ〜悩ましい。

とりあえず仕事しよ。

と
現実逃避しております(笑)。

ちゃんと向き合って考えないとね。
いつも
「余裕ができたらちゃんと調べて検討しよう」といって後回しにしてしまいがちなのは
悪い癖ですね。



東京の新規感染者数が
3800人を超えたみたいですね。
初めて聞く数字です。

重要なのは死亡者数と重症者数である
重症者及び死者数が少ないから、
まだそんなに深刻な状況ではない。
これは重症化しやすい高齢者にワクチン接種が進んでいるおかでげある。
だから今回の第5波は恐れなくても良い

的なことが言われているみたいですね。

東京都だけ、重症者の定義が厳しくて
ICUに入っているだけで自発呼吸している状態は重症ではないのだそうです。
人工呼吸器装着及びエクモ装着以外は中等症とみなされるのだそうです。
ICUに入っていても。

そこが他の道府県と違うところなのだそうです。

重症者数の定義を全国で統一するべきだ。わかりにくい。
との意見が以前からあるみたいですが
東京都は頑なに全国に足並みを揃えようとしないみたいですね。
大阪府の知事はそれに対して
「なんかそれってちょっとずるい」(すごく端的に言うとね)
的な発言をしているのを見かけたことがあります。

東京だけ重症者数が少なくて
東京だけ優秀みたいに見えてしまいますもんね。

エクモって
心臓の手術とかで
心臓を一時的に止めないといけない時に使用するものですよね。
本来は。

もうすでに医療現場は逼迫していると
尾身会長は発言しているそうです。

娘の入院手術の時に
「担当の看護師さんが私が今日退院だってことを把握してなかった。」
といっていました。

慢性的な人手不足感があるのかなあと思いました。

重症から(体内のコロナウイルス数的に)回復されても
肺の機能が元どおりに戻らなくて
生体肺移植手術をしないといけなくなってしまった
という事例もあるみたいです。

無症状で
発熱や咳、呼吸困難などがあからさまに起きていなかったとしても
人の細胞が確実に蝕まれて
後遺症に苦しむ人たちが多くいると言う話も聞きます。

私はそんな苦しい思いしたくありません。ビビりなので。
そしてできれば誰にもそんな思いしてもらいたくありません。

なんだか社会全体的に
「コロナは恐れる必要のない疾病だ」的な意識が広まりつつあるような気がしますが
私は感染したくありません。
相変わらずすごくおっかないなあ。と思っています。

投稿者: wildberryshopblog

Wildberryという生地のネットショップの店主です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。